【PR】記事内にプロモーションが含まれております。

ニーアリィンカーネーションはサービス終了する?

スマホアプリ

ドラクエやFFなど、たくさんのIPを抱える巨大企業、スクウェア・エニックス。

その中でも、比較的最近の生まれながらゲーマーに大人気のIPと言えば、NieRシリーズでしょう。

ニーアオートマタで大流行したこのIPには、スマホ向けにもニーアリィンカーネーションが運営されています。

しかし、そのニーアリィンカーネーションがサービス終了するといううわさが流れているようです。

大人気のニーアシリーズなのに、どうしてうわさが流れたのでしょうか?

この記事では、本当にニーアリィンカーネーションがサービス終了してしまいそうなのかを考えたいと思います。

ニーアリィンカーネーションはサービス終了する?

ニーアリィンカーネーションはサービス終了するのでしょうか?

調査しましたが、記事作成時点では、スクウェア・エニックスからのアナウンスはありませんでした。

筆者としては、もしかしたらサービス終了もありうるかもしれないと考えます。

少なくとも日本のみの売上では、2023年以降スクウェア・エニックスがサービス終了した他のアプリと遜色ないからです。

ソシャゲは、主に以下の原因でサービス終了するそうです。
  • アプリ自体の売上不足
  • 運営企業の都合によるサービス終了
それぞれの原因について、ニーアリィンカーネーションの状況から考えてみます。

アプリの売上不足

2023年、2024年にスクウェア・エニックスがサービス終了したゲームは7つあります。

それらの日本での売上予測値を見てみると、サービス終了発表までの6か月の売上平均値がニーアリィンカーネーションより高いものが4つありました。

もしかすると、今のニーアリィンカーネーションでは売上不足と判断されるかもしれません。

ただし、先述の通りこれは日本での売上予測です。

海外、特に欧米での人気が高いNieRシリーズのIPなので、海外版を含めると十分な売上である可能性はあるでしょう。

企業都合

では、スクウェア・エニックスの考えはどうなのでしょうか。

調査したところ、2021年5月及び8月の決算説明会以降、直接的な言及はありませんでした。

スマートデバイス全体や企業全体への言及も調べましたが、筆者としては、終了させたいとも残したいとも取れると感じました。

終了させたそうだと感じたのは、現社長が収益性の改善を目指したいと発言しているからです。

スクウェア・エニックスのスマートデバイス・PCゲーム等は、2021年11月開催の第2四半期決算説明会から2023年11月7日開催の説明会まで弱含みであるとされています。

ソシャゲはHDゲームに比べてランニングコストがかかるため、収益性を見直すときに注目されるかもしれません

一方、残したいのではと感じたのは、IP育成やグローバル市場を志向したタイトルへのリソース集中、大型タイトルの定期ローンチが言及されているからです。

NieRシリーズは大型タイトルであるニーアオートマタで大成功しており、若いIP故に成長が見込め、また海外での人気も高いです。

筆者としては、リソース集中したいIPに選ばれていてもおかしくないと考えています。

そのため、NieRシリーズでは唯一のスマートデバイス向けゲームであるニーアリィンカーネーションは、IPの多面展開の一つとして残したいのではないでしょうか。

ここまで話したように、ニーアリィンカーネーションはまだサービス終了するかはわからない状態です。

それなのに、なぜサービス終了のうわさが流れたのでしょうか。

サ終のウワサが流れている理由

どうしてサービス終了のうわさが流れたのか、調べてみました。

ニーアリィンカーネーションのサービス終了がうわさされたのは、以下の理由があるようです。

  • 売上予測値が下がってきた
  • スクウェア・エニックスの他のゲームがサービス終了した
  • 大量の配布がされた

売上の減少については先述した通りなので、他の理由を詳しく見てみましょう。

他のゲームのサービス終了

2023年に発表されたサービス終了の中で、特にシノアリスのサービス終了からニーアリィンカーネーションのサービス終了を連想した方が多いようです

売上予測値自体はシノアリスのほうが高かったのもうわさになった原因でしょう。

ただし、他のソシャゲがサービス終了したからといって、ニーアリィンカーネーションがサービス終了するとは限りません。

スクウェア・エニックスが2023年以降サービス終了したソシャゲを見てみると、他社IPであるものや、そのIPでほかに複数のソシャゲがあるものがほとんどでした。

例外であるシノアリスはソシャゲ発祥のIPであり、HDゲームが主体のNieRとは売上の考え方が別である可能性もあるのではないでしょうか。

大量の配布

ソシャゲにおいて、大量の素材配布はサービス終了の前兆だといわれることは多いです。

ニーアリィンカーネーションも、大量の配布があったときにサービス終了をうわさされているようです

ただし、これもソシャゲごとの事情があるので、一概に言えないとも考えられます。

特にニーアリィンカーネーションは、サービス開始から2週間で1,000万ダウンロードされており、一度プレイした人は非常に多いといってよいでしょう。

そのため、彼らを復帰させる施策として、積極的に配布や無料ガチャなどを行ってもおかしくないとも考えられます。

しかし、大切なIPだろうと、復帰が多かろうと、売上が低すぎるとサービス終了を検討しなければなりません。

次の項では、ニーアリィンカーネーションの売上を見ていきましょう。

ニーアリィンカーネーションの売上

ニーアリィンカーネーションの日本での売上予測を見てみましょう。

直近6か月を前年同月の売上予測値を比べた表が以下になります。

2023年 2022年
11月 4262万 8716万
10月 4950万 8019万
9月 6074万 1.26億
8月 7075万 1.19億
7月 5521万 1.07億
6月 6495万 7997万
平均値 5730万 9989万

前年に比べ、売上は落ちているとみるのが自然でしょう。

先述の通り、スクウェア・エニックスのスマートデバイス・PCゲームの売上は落ちてきているので、これはニーアリィンカーネーションに限った現象ではないはずです。

スクウェア・エニックスが運営している他のゲームも見てみましょう。

以下は2023年以降にサービス終了したゲームの売上予測値を、サービス終了発表から6か月さかのぼってならべた表です。

タイトル FFVII THE FIRST SOLDIER ダイの大冒険
-魂の絆-
ブレイブリーデフォルト
ブリリアントライツ
聖剣伝説 ECHOES of MANA 魔法科高校の劣等生
リローデッド・メモリ
SINoALICE -シノアリス- ドラゴンクエストモンスターズ
スーパーライト
1か月前 2075万 1.13億 3172万 4989万 1181万 9299万 9296万
12か月前 2132万 7944万 4372万 4817万 4218万 9493万 1.59億
3か月前 2338万 1.13億 3694万 6669万 2171万 1.32億 1.24億
4か月前 3033万 7201万 5299万 1.09億 2410万 2.09億 9558万
5か月前 3158万 6812万 4835万 5991万 4353万 1.03億 1.25億
6か月前 2748万 7106万 4313万 8522万 7191万 1.44億 2.01億
平均値 2580万 8611万 4281万 6981万 3587万 1.29億 1.33億

周年イベントなどで一時的に売上が上がっているものもありますが、6か月の平均値にかなりばらつきがあることが分かります。

各ゲーム平均売上予測の中央値は6981万、平均値は7249万であり、ニーアリィンカーネーションの直近6か月の平均売上予測値は両方を下回ります。

よって、日本の売上予測値だけでいうと少し怪しいといえるでしょう。

ただし、先述の通り海外で人気のIPであるため、全体の売上はもっと高い可能性があります。

ニーアリィンカーネーションはサービス終了するかのまとめ

今回の記事では、ニーアリィンカーネーションはサービス終了するのかについて考えてきました。

まとめると、以下の通りです。
  • ニーアリィンカーネーションはサービス終了もありうる
  • 日本の売上予測は下がってきている
  • スクウェア・エニックスのスマートデバイス向けゲームは弱含みが続いている
  • NieRシリーズは大切にしたいはず
調査してみると、スクウェア・エニックスはデジタルエンターテイメント事業の開発力を上げるために様々な施策を行っていることが分かりました。

2021年から海外のスタジオやIPを売却して資金をIP育成・開発力に当て、子会社を吸収して開発力を強化し、内部の組織改編も行っています。

スクウェア・エニックスのスマートデバイス向けゲームの収益が上向くのも遠くないかもしれませんね。

コメント