ラストウォーで無課金のおすすめ編成は?攻略しやすいキャラを紹介

【PR】記事内にプロモーションが含まれております。

ラストウォーで無課金のおすすめ編成は?攻略しやすいキャラを紹介

スマホアプリ

ラストウォーをプレイしていると、キャラ集めにお金や時間がかかることに気づくでしょう。

パスで追加されるタイミングを逃すと、酒場に追加されるまで手に入れることができません。

そこでこの記事では、ラストウォーを無課金でプレイするときの編成例を解説します。

特に初心者に向けて、ラストウォーの編成で考えることや無課金でキャラと欠片が集めにくいときの考え方を解説していくので、一緒に確認していきましょう!

ラストウォーで無課金のおすすめ編成

それでは早速、無課金のおすすめ編成について確認していきましょう。

無課金で初めに編成するときの編成例を以下の通りです。

  • 前衛:マーフィ、ヴィオラ
  • 後衛:モニカ、メイソン、火力役の英雄

これらのキャラは序盤で入手・ランクアップしやすいので、無課金でも強くしやすいのが特徴となっています。

それぞれのキャラの採用理由を以下の項目で解説していくので、編成を組んだり変えるときの参考にしてみてください。

前衛のおすすめキャラ

まずは前衛のおすすめキャラから解説していきます。

前衛の2人はタンク役のマーフィとヴィオラがおすすめであり、いずれも新米応援で入手できるキャラです。

マーフィは確定で入手できるUR英雄であり、その性能も悪くないので序盤はほぼ固定になるでしょう。

ヴィオラについても新米応援で☆2まであげることができるので、無課金の場合は長くお世話になると思います。

ただしマーフィはURである都合上ランクアップが難しいので、他の戦車型盾役SSRキャラが先に育った場合はそのキャラに変えることもありでしょう。

SSRのキャラが先にランク2以上になった場合、基礎スペックは未ランクアップのURキャラのほうが高くてもスキルレベルの差でSSRのほうが戦力が高くなることがあります。

その場合はSSRを編成する方がよさそうです。

後衛のおすすめキャラ

続いて、後衛のおすすめキャラを見ていきましょう。

後衛のおすすめはメイソンとモニカであり入手とランクアップが容易で、すぐに強化しやすいキャラです。

メイソンは基地周囲の道を開放していくことで欠片を得られるうえ、序盤の確定入手が少ない火力型なので、序盤から中盤までのキーパーソンとなるでしょう。

一方、モニカは戦闘面では有用なスキルを持ちませんが、レーダークエストの「モニカの計画」で欠片を得られるためランクアップが容易です。

無課金で進める場合、メイソンは貴重な火力役になるのでなかなか外せない一方、モニカはスキルが戦闘では強くならないので他キャラが育ったら変えるのもありでしょう。

火力役の英雄

上記した4キャラは入手・ランクアップが容易であるのに対して、火力役である残りの1キャラは自身のガチャの結果によって決める必要があります

早めに酒場に追加されるUR戦車型サポートのマーシャルは入れやすくて強いですが、追加前にガチャを50回回した場合などは戦車型火力役SSRであるリチャードやファハド、その他の火力型キャラで妥協することになるでしょう。

全体の体力、攻撃力、防御力が5%落ちることになりますが、ロケットランチャー型・航空機型の英雄を入れることも選択肢に入ります。

後述しますが、PvP(対人戦)の場合は戦車型のみにするより他の型のキャラを入れた方がよいこともあるので、この枠は状況によって変わりやすい自由枠と考えてください。

ただし筆者の考えとして、最初に編成するときは戦車5人を目指した方が扱いやすいと思います。

ではなぜ戦車5人を目指した方がいいのか、次の項目で編成の基本知識と併せて解説します。

編成の注意点

ラストウォーで編成を作る場合、どのように組み立てればいいのでしょうか。

無課金で編成する場合、以下の点に注意するとよいことが分かりました。
  • まずは戦車5人の編成を作れるようにする
  • 前衛はタンク、後衛は火力
  • 対人戦を意識するときは同じ型5人にしない
それぞれ詳しく解説していきます。

戦車5人の編成を作る

まずは先ほど説明した戦車5人の編成について見ていきましょう。

このゲームでは同じ型の英雄が3人以上いると味方全体にバフがかかります。

新米応援でマーフィとヴィオラ、それ以外でもモニカとメイソンという4人の戦車型英雄が序盤で手に入るので、無課金の場合は必然的に戦車編成を目指すことになるでしょう。

同じ型で集めると体力・攻撃力・防御力の3つにバフがかかり、3人で5%、4人で15%、5人で20%のバフとなります。

そのため、PvE(対NPC戦)においては同じ型5人の編成が理想的です。

前衛はタンク、後衛は火力

続いて、前衛と後衛の役割について解説していきます。

このゲームには前衛2人と後衛3人で1編成になりますが、前衛にはタンク、後衛には火力役を置きましょう。

前衛は攻撃を受ける機会が多いため火力役ではすぐ倒れ、後衛をタンクにすると火力が不足するためです。

新米応援でヴィオラとマーフィを得られるので、無課金の場合でも序盤から前衛は構成しやすいと言えます。

一方、編成例では火力役がメイソンしかおらずに火力不足に陥りやすいので、キャラを集めて編成例を改良する場合にはまず火力役を狙いましょう。

酒場に早めに追加されるUR戦車のマーシャルはサポート役ですが、スキルは火力を底上げするものなので狙うのもよいと思います。

対人戦では同じ型のみにしない

最後に対人戦についてです。

無課金で対人戦(基地に攻め込む、攻め込まれるなど)を意識する場合には、先ほどとは別で同じ型5人にしない方が得策です。

なぜならこのゲームでは3つの型に兵種相性があり、戦車型はロケラン型の攻撃を20%カットし、ロケラン型は航空機型、航空機型は戦車型の攻撃を20%カットするからです。

特に先述の要素から自分の編成は戦車型になりやすいので、航空機型編成にも抗えるようにロケラン型の火力役英雄を入れるのがよいでしょう。

同種英雄3人と別の同じ型の英雄2人を入れることで体力・攻撃・防御を10%上昇させるので、これまで使っていた戦車型3人にロケラン型2人を入れるとバランスが良くなるはずです。

戦車型編成に強い航空機型編成にしたり相手の編成に合わせて編成を変えるのも手ではあるのですが、無課金ではなかなか5キャラ集めてランクアップさせるのが難しいので、まずは戦車+αの編成を目指しましょう。

ラストウォーで無課金編成のまとめ

この記事では、ラストウォーで無課金でプレイするときの編成例を紹介しました。

まとめると、以下の通りです。
  • 無課金でもマーフィ、ヴィオラ、メイソン、モニカは強化しやすい
  • 戦車5人編成が一番作りやすい
  • 対人戦だと航空機型に不利にならないように他の型も入れたい
このゲームを無課金で始める場合、ゲーム開始から手に入るマーフィと早めに英雄募集に追加されるマーシャルは序盤から戦力になりやすいです。

また、150円くらいなら何とか課金できる場合にはUR戦車型火力役のキンバリーが入ってくれるので、序盤が非常に楽になるでしょう。

最後の一枠として非常に有力であるので、少しでも課金してもいいと思えたなら初回購入をすることをお勧めします。

コメント