スポンサーリンク

「紅蓮蝶のきり」はシンプルな効果に見えて実は結構すごいんだなあ!

Ver5.2で追加されたレンジャーの特技は

紅蓮蝶のきりです。

範囲バイキルト+まもりのきり」という

効果自体はいたって普通なんですが

実際に使ってみるとこれまたびっくり。

なかなか強力なのが来ましたね!

スポンサーリンク

レンジャー+範囲バイキルトがすごい

紅蓮蝶のきり

効果:範囲でバイキルト+まもりのきり(ブレス無効)

チャージタイム:Ⅱで120秒(開幕0秒)

わかりやすく言うと

レンジャー版たたかいのビートですね。

開幕いきなり使えて

チャージタイムもたたかいのビートと同じく

Ⅱで120秒なのでバイキルトの永続が可能です。

元々レンジャーはバイキルトが使えるけど

単体と範囲では役割が大きく異なりますもんね。

これまで旅芸人と占い師しかできなかった範囲バイキルトが

レンジャーまで可能になりました

サポもバッチリ使ってくれましたよ

レンジャーは単体火力であれば最強クラスなので

例えばデュラハーンで宝珠集めみたいな場合であれば

紅蓮蝶のきりがあるレンジャーがサポの最適候補になりそうです。

いうなれば旅芸人の単体攻撃版ですね。

ちなみにレンジャーと旅芸人で

どちらが先に範囲バイキルトを使うか試した結果

(すばやさはレンジャーのほうが50ほど上)

10回中8回、紅蓮蝶のきりが先でした。

2回だけたたかいのビートが先で

同時に使うことは1回もなかったです。

う~~ん。

特に意味は見出せませんねw

ランダム要素が強そう。

一方、魔法戦士は…

単体のバイキルトなんて

今後は使う機会がほとんどなさそうです。

かつては魔戦の代名詞だったのに

魔戦は魔戦でバッチリ役割があるから

いいんですけどね(^ω^)


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク