スポンサーリンク

メラゾーマ特化踊り子で天獄に参戦!守備力の高い相手にはこちらのほうがいい感じ

今回の天獄の条件が

短剣ダメージや猛毒をかけることだったので

踊り子で行ってきました。

短剣二刀流です。

ところが

タナトスハントで合計約800のダメージ

バイキルトがかかっていないと

合計約300のダメージでした

もちろん毒状態にはなっています。

敵の守備力が高すぎるからでしょうか。

思ったよりダメージが出ませんでした。

自己バイキもないしつらいなあ。

スポンサーリンク

踊り子のもう一つの型

そこで!

僕は良いことを思いつきましたよ。

攻撃呪文特化の踊り子です。

扇のガルーダテンペストは攻撃魔力90もあって

踊り子は二刀流できるから結構高くなるんですよね。

装備を整えた結果

攻撃魔力は712になりました

これだけ見ると魔法使いに劣るけど

踊り子は神速シャンソンで速度アップ

風斬りの舞と百花繚乱で範囲の強化と弱化

よみがえり節で範囲蘇生などなど

色々できちゃう万能職です。

それではさっそく

天獄のボスにリベンジしてみましょう。

先ほどタナトスハントで

約800のダメージが出たボスに対して

攻撃呪文アップからのメラゾーマで

約750のダメージ!

ほうほう!

これはなかなかいい感じ。

遠距離だから比較邸安全なのと

自分で強化のかけなおしができるから

短剣よりもいいかもしれません。

相手の守備力次第で使い分けかな。

ただここまで書いてアレなんですが

隣でバトやレンが1000~2000のダメージを連発してました

踊り子の攻撃が比較にならないくらい強い強い。

僕の試行錯誤はなんだったのか(´・ω・`)w

踊り子の真価は

新武器スキルが来た時にこそ

発揮されるのかなと思いました。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク