スポンサーリンク

ハイエンドバトルの原点回帰ってなんだろう??剛獣鬼ガルドドンで使われる構成や戦術とは

昨日はどうにも忙しかったので

一日遅れで聖守護者第4弾のボス情報を見ました。

剛獣鬼ガルドドン

てっきりドラゴン系かと思っていたんですが

まさかのけもの系でしたね。

スポンサーリンク

DQXTVの情報によると

DQXTVであまり詳細は語られませんでしたが

紹介画像には雷属性っぽい特技が映っていました。

このエフェクトはたぶんジゴスパークかな。

【まんまる堂リンク】
アビスセーラーで雷耐性100%にしてみたよ!

つい最近雷耐性100%にした僕は

大勝利確定じゃないか(^ω^)

という早とちりのような自慢は置いといて。

安西先生がすごく気になる発言をしていました。

今回はハイエンドバトルの原点回帰を考えているそうです。

おやおや!?

これはなかなか意味深ですね。

グーグル先生によると

原点回帰とは「出発点や基本に戻ること」。

ハイエンドバトルの出発点や基本といえば…?

昔のボス戦での戦い方のことでしょうか。

ハイエンドバトルの原点回帰

時は今から7年くらい前にさかのぼります。

ハイエンドバトルの最初期と言えるかな。

強ボス連戦時代と言って

現地で再戦できる強ボスを倒して

オーブを手に入れる金策が行われていた時代があったんですが

その時に主だった構成が「魔法2盗賊僧侶

僧魔盗(そうまとう)なんて呼ばれ方をする構成がありました。

盗賊がボスの前に立ちはだかり

魔法と僧侶が距離を取りながら攻撃します。

ただしこれは大昔の仕様で

モンスターとの押し合い中の移動速度が固定だった時代の話です。

Ver1.2の仕様変更で全く使われなくなりました。

一応ver5.1の武器スキルライン追加で

盗賊は成功率の高いウェイトブレイクが使えるようになったの僧魔盗

似た戦術ができるのかもしれないですけど…。

原点回帰がこれって感じではなさそうですね

それなら次に登場したハイエンドバトル

アトラスなどで使われた構成はどうでしょう。

武闘家2僧侶2」で

武武僧僧(ぶぶそうそう)と呼ばれる構成です。

武闘家がメイン火力なのは

当時まだバトが実装されていなかったというのもあるんですが

やはり一喝の100%スタンが強かったんですよね。

ところがどっこい

今はスタンが効きにくいボスばかりです。

てことはもしや

原点回帰とはスタンがしっかり効くボスという意味なのでは

なんだかあり得るような気がします。

ハイエンドバトルの定番中の定番

レグナードの戦い方が再現される可能性もありますね。

パラ魔法2僧侶」で

パラがボスを抑えつつ魔法使いが攻撃します

ただしこれが登場したのはVer3になってから。

原点回帰と言えるほど昔のことではないかもしれません。

あと思いつくものと言えば

戦士2で真やいばくだきを入れ続ける戦い方ですが

これもダークキングでVer3.3です。

う~~ん…。

色々と思い返してみたんですが

結局しっかりとした答えは出ませんでした。

いったい原点回帰って何を意味するんでしょうか。

ちなみに剛獣鬼ガルドドンの実装日は

3月12日(木)

あと3週間もあるので

余裕をもって対策できますね。

レベル上げや宝珠整理、ボス戦の勘を取り戻す…など

色々やっておきたいです。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク