スポンサーリンク

スマホでドラクエ10を一足先にやってみました!

ブラウザ版ドラクエ10のベータテスト

今月初めくらいから行われています。

当選者限定なのですが

僕のところには当選メールは届かず。

少数らしいし仕方ないよなあ

でもわお~ん(´;ω;`)と少し悲しかったんですが

昨日メールフォルダを開いたら

追加の当選メールが来ていました

えっ!?(゚Д゚)

どうやら初回1000人の他にも

順次開放されていくようですね

なにはともあれ超ラッキー!

さっそくやってみましたよ。

ブラウザ版ドラクエ10は

ブラウザが使えるものなら何でもプレイ可能です。

せっかくなのでスマホでプレイしてみました。

スポンサーリンク

操作方法はこんな感じ

メールに記載されたURLを開くと

ブラウザ版ドラクエ10のトップページが開きました。

「ゲームを開始」ボタンを押せば

ドラクエ10が起動してプレイできるようになります

よくあるスマホゲームと違って

ダウンロードとかは一切必要ありません。

ログインしてワンタッチで起動できるのはいいなあ

さっそくゲームが起動されました。

いつもの画面に半透明のコントローラが表示されています。

コントローラのボタンが画面にあるので

最初は少しやりにくさを感じますが

すぐに慣れてきましたよ

十字キーやAボタン、Bボタンの

大きさを「大中小」から設定できるんですが

僕は中がちょうどいいなと思いました。

画面のボタンの無いところで

タップしてスライドすると移動できます

少し小回りが利かない感じかな

コントローラだとスティックを一瞬だけ倒して

ほんのわずかに移動したりできるんですが

スマホだとそれができませんでした。

でも移動しながら

LRボタンの画面移動が同時にできるのはすごい

2か所のタップに対応しているのです。

つまりコントローラでできることは

操作感が多少異なるものの

一応全部できちゃう

特に戦闘中は重要になる操作なので

これができたのは驚きました。

チャット画面を開いてみました。

文字入力はスマホのやつを使うんですね

文字を入力した後に

Aボタンで発言できます。

チャットに関しては

操作のやり方が違っても

全然問題なく行えますね。

ふつうの操作は一通りできたので

今度は難易度が高そうな

戦闘コンテンツをやってみることにしました

ボス戦もやってみました

サポを雇って万魔の塔に来たんですが…。

おおっと!?

ここでタップ&スライド機能が暴発しました

何も画面にさわっていなくても

左方向に走り続けてしまうのです

不具合なのかな。

仕方なく一旦ブラウザを閉じて

再びログインしました

気を取り直して。

万魔の塔をやってみました。

僕はハンバトだったので

ランドインパクトで攻撃します。

まずは左にある十字キー

ランドインパクトにカーソルを合わせて

タップ&スライドで敵に近づきつつ

LRボタンで画面をまわしてあたりを見渡します。

そうしてここぞってタイミングで

右にあるAボタンを連打連打!

最初は難しかったんですが

どんどん慣れてきました

一の災壇は難なく制覇。

二の災壇は全滅したんだけど…

たぶんパソコンでやっても同じ結果になっていたかも。

今度はプレイヤーとパーティを組んでみました。

ちょうど開いてた天獄に突入です。

最初のチャットの操作で一瞬戸惑ったんですが

とっさにBボタン長押しで定型文を表示

慣れてくると何でも問題なく操作できますね。

ボス戦もあっという間に終わりました

もちろん条件の達成にも貢献しましたよ

一応慣れない操作なので

職業を天地にしておいたんですが

カカロンだけでなく

僕自身もバッチリ仕事ができたはずです。

ちなみに討伐タイムは

わずか3分07秒。

超早いですね!

職人もやってみました

最後に職人もやってみたんですが

パソコン版でやるのとほとんど同じですね。

むしろブラウザ版のほうが

寝ながらできてやりやすいくらいです。

ところが思わぬところでつまづきました

木工ギルドマスターがいる場所に続く

階段のところに行きにくい…(´・ω・`)

記事の最初のほうに書いた

小回りが利かないとはこういうところです。

移動の操作だけは

少しやりにくいかもしれません。

一番慣れが必要なところです。

総評としては…

想像以上にいい感じ!!

これリリースされたら

たぶんパソコンでやらなくなるかも

聖守護者みたいな繊細な操作が要求されるボスは別ですが

それ以外は全部スマホでOKだと思います。

正式サービスは来年の春くらいなんですね。

とりあえずベータテスト期間の20日までは

毎日スマホでやると思います。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク