スポンサーリンク

サポのデスマスターがびっくりするほどいい感じでした!

未だに使いこなせていないデスマスターですが

サポの一覧を見てみたら

なんと既にレベル110の人がいました。

そうだ!

デスマスターのサポを借りてみたら

お手本となる動きをしてくれるのでは!?

いいこと思いついた気がするので

さっそくやってみました。

スポンサーリンク

サポのデスマスター

というわけで

じゃじゃ~ん(^ω^)

デスマスター4人です。

作戦ごとの動きの違いを一気に調べようとしたんですが…

既にわかる人にはわかるかもしれません。

あんまり意味なしですね(^ω^;)

死霊召喚はパーティで一人まででした。

天地のげんまと同じですね。

しかも3人もいると

みんな似た動きでわけがわからず。

やっぱり一つずつ調べることにしました

作戦いのちだいじに

調査時のパーティ構成は

自分がバト+戦士僧侶デス」。

回復&補助役のポジションにデスマスターを入れて

作戦をいのちだいじににしてみました。

そしたらびっくりするほどの活躍でしたよ。

最初は作戦を問わず

深淵の契りで呪文の効果をアップさせ

死霊はよろいのきしを召喚。

ベホマラーとザオラルは

デスマスターとよろいのきしが両方使えます。

こ、これは僧侶いらないレベルなのでは。

天使の守りがなくて耐久力は劣るから

一概には言えませんけども。

少なくとも天地+カカロンの作戦いのちだいじによりは

ずっと回復に専念してくれました

ちなみにダクキン1なら

バトで天下無双してるだけで倒せます

討伐タイムは約5分。

すごいのを発見してしまった気分です。

作戦ガンガンいこうぜ

今度も同じ構成で

作戦だけガンガンいこうぜに変更です。

いろんな敵と戦って気付いたんですが

敵の数によって召喚する死霊が変わるようですね。

単体ならがいこつ、複数ならゴースト

ゴーストは範囲攻撃なので威力が少し低いです。

なので単体のほうが真価を発揮しやすいかも。

死霊たちと一緒に攻撃するので

ダメージの効率を正確には調べにくいんですが

たぶん強めなんじゃないかと思いました。

バトや魔法には劣るけど

一般的な補助職には勝るのかな。

サポのデスマスターの行動を詳しく書くと

最初に深淵の契りを使って

がいこつたちを召喚した後、死霊の導きで対象指定。

それからギラグレイドⅢハデスの宴、厄災の滅撃Ⅲ

強いチャージ特技を連発という感じでした。

昨日僕が書いた記事と同じ行動ですね。

でもマヒャデドスは敵が複数いる場合にしか使いませんでした。

事象反転も一度も見なかったです。

あとガンガンいこうぜと言っても

味方がピンチの場合はベホマラーやザオラルを使います

これが実にありがたい。

作戦バッチリがんばれ

最後に中間となる作戦

バッチリがんばれを試してみました。

結論から言うと

これが一番いい感じですね!

最初の深淵の契りから死霊召喚、死霊の導き。

それから攻撃特技や呪文に移るのは同じなんですが

よろいのきしがバイキルトを使うので

鎌の特技のダメージがより大きくなりました。

ダメージだけ見ればがいこつたちには劣りますが

よろいのきしの安定感はどんな場所でも役立つはずです。

死霊たちはげんまと違って

敵の範囲攻撃に巻き込まれるとダメージを受けます

そうしてHPがなくなったらしんじゃうんですが

その間際にサポのデスマスターが

サクリファイスを使うことが多いです。

これは死霊を自爆させる特技

使うだけ使ってしにかけたら自爆させるとは

なんとむごい(^ω^;)

しかもそのあと何事もなかったかように新たな死霊を召喚します。

サポって結構恐ろしい子ですね!w


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク