スポンサーリンク

「あのおじさん」がVer5.0のPVの後半に映っていたのが気になるんですが!

昨日の東京ゲームショウで

Ver5.0のプロモーションビデオの後半が公開されました。

まだご覧になっていない方は

上の動画を再生してみてください

たぶん多くの人が気になったと思うのが…

あのお方がチラッと映ったことだと思うんですよ!

スポンサーリンク

大魔王マデおじさん!?

あのお方の影とは

名前はあえて言わないけどあのお方のことです。

ちまたではマデおじさんとかジャックポットおじさんとか

親しみを込めて呼ばれていたこともあるようで。

僕もラストダンジョンのあの場所で

グハハハッ!」とかコメントしているのを見た時は

思わず笑ってしまいましたもん。

討伐モンスターリストの

まめちしき1と2を見てみたら

芸術家」魔王なんて書かれていました。

創世の渦も「偶然」手に入れたそうです。

邪神ボスの名前だけじゃなくて

本家までそう言われてるんですね。

前から気になっていたんですが

大魔王が作ったダンジョンの幻惑の世界で

主要キャラの幻たちがいるでしょう。

プレイヤーを試すために作られた幻だと

話しかけると自ら発言するのです

それなのによくよく話を聞いていると

あなたには多くの人の未来が託されていることを忘れてはなりません

なんて言うんですよね。

大魔王に作られた人たちがなんでこんなこと言うの??

もしやこういうのも芸術の一環だったのかな。

本家の魔元帥のまめちしきに

大魔王とは魔界でその作品を目にした時だったと書かれています。

なにやらいたく感動したそうで。

まさかそんな出会いがあったとは。

大魔王マデおじさんって

悪い人じゃないかもしれない…とは言えないけど

魔王としては異色の存在ですね。

いやもしかしたら

魔界の魔王たちって全員あんな感じなのかも

さすがにそれはないか。

ちなみに「魔界」って漠然とした言葉じゃなくて

ちゃんと地名のように具体的な意味があると考えて良いでしょう

冥王ネルゲルさんは冥界から来たらしいから違う地方(?)の人。

Ver3や4のボスたちも

魔界じゃなくて別の地方(?)の人たちです。

なんだか変な言い方だけど

僕の言いたいこと伝わるでしょうか。

マデおじさんの宮殿にも行ってみたんですが

特に変わった情報は何もありませんでした。

おじさんの目的が詳しく語られるくらいですね

う~ん。

情報が足りない。

やっぱりVer5.0が始まって

魔界に行って初めて色々判明するのかな。

こういうのを伏線の回収と言うんでしたっけ。

過去のストーリーとのつながりを想像するのは面白いです。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク