スポンサーリンク

サイコロが演出で6分の1じゃないってことはわたぼうルーレットやランプツボ錬金もそうなのかも…

公式ツイッターや青山さんが謝罪していたんですが

なにやらまたもや炎上しているようですね

僕の炎上記録を塗り替える勢いなのでは?(^ω^)

詳しく見ていくと

なかなか興味深い内容だったので

詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

何が起きたの?

簡単にまとめるとこんな感じ。

・便利ツールにおでかけすごろくが登場

サイコロを投げて報酬が決まるシステム

サイコロの出目の確率が体感でも均等ではなかったらしい

・ドラクエ10運営が確率操作を認め広場やツイッターで謝罪

・ジェムを使った人には全額返金対応すると発表される

まさかサイコロの確率が6分の1じゃなかったなんて。

最近話題になりがちな確率操作ですね。

お詫びとしてジェムを使った人にだけ返金されるらしいけど

確率操作の仕様はそのままだそうです。

ちなみに数日前に

突然AppStoreのレーティングが17歳以上に引き上げられたけど

これが関係しているのかなと考えるのが妥当でしょう。

要するにアップルさんから怒られたわけですね。

こ、これは…。

やっちまいましたなあ。

一応頑張って擁護できそうな点を探したんだけど

今回ばかりは難しいでしょう。

だってこれで演出ですって言われたら

ドラクエ10の確率に関わるもの全てが信用できなくなってしまいますよ。

ドラクエ10の確率って…

例えば便利ツールのわたぼうワルぼうルーレット

それぞれのマス目がだいたい9分の1くらいの確率

黄金の花びらだけ狭いから2,3%かなと思っていたんですが

もしかしたらとんでもなく低いかもしれませんよね

その他のマス目も均等ではないのかもしれません

一応たぶんこれは見た目通りかと思うんですけどね。

こういう案件があるとそんなふうに見えてしまいます。

もしかしたらランプやツボ錬金もただの演出なのかも

右上に確率が表示されているけど

演出ですって言われたらそれまでです。

もちろんこれに限ってそんなことはないと思いますけどね。

たぶん。

サイコロの出目が6分の1じゃないっていうのは

そういう信用が揺らぐくらい衝撃でした。

青山さんはサービスを終了させないために

ソシャゲの課金形態を参考にするって言ってて

僕もそれは良い考えだと思うんだけど

いざユーザーとなって実感すると

なんだか不安になってしまいますね


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク