スポンサーリンク

ドラクエ映画が酷評されているようです(´・ω・`)

先日見てきたドラクエ映画の記事第2弾です。

すごかった!感動した!ってブログに書いたでしょう。

あれから1日,2日と時間が経過して

続々と賞賛のコメントであふれかえるんだろうなあ

ニコニコしながらネットの情報を見ていたんですが…。

現実はこうも残酷なんですね。

僕が思っていたのとは180度違った結果になっていました。

スポンサーリンク

低評価が多いんだなあ…

映画のユーザー評価が載っている映画.comさんによると

評価の星の数が平均2.1(最高5.0)

レビュー欄では散々な書かれ方でした

な、なんでや(´;ω;`)

僕はあんなにすごいと思ったのに

とはいえ何でもそうなんだけど

こういうのは別に悪いことではないでしょう。

いろんな感想が存在することに意味があると思うので

酷評も含めてレビューを隅々まで見てみたんですよね。

そしたら何となくですが

酷評する人の気持ちも賞賛する人の気持ちも

どちらもわかったような気がしました

以下は映画の感想を書き連ねています。

中にはネタバレっぽいところもあるので

まだ見ていない方はご注意ください

——ネタバレ防止用の横線——

賛否両論ある中で

映画の内容の話になるんですが

ゲームから別の媒体になったことでたくさんの改変要素はあるものの

一部のセリフはそのまま使われていましたね

例えばサンチョの代名詞とも言えるセリフ

このサンチョ。今日ほど嬉しい日は…うっうっ」とか。

見慣れたあの文章がそのまま音声となって聞こえてくると

なんだかジーンとくるものがありましたよ。

やっぱり原作のリスペクトって大事だよなあと思いながら見てました。

ところがそういう点が散りばめられているからこそでしょうか。

20回30回と繰り返しプレイしてきた僕みたいなゲーマーからすると

あそこであのセリフは使わないんだ…?と感じる場面も所々にありました。

個人的に一番感じたのが

父さんを大切にしてあげるんだよ」というセリフかな。

ゲームの中でこれほどグッとくる場面はないんだけど

映画の中では別のセリフに置き換えられていたんですよ

自分の期待と完全一致するはずもないんだけど

違和感が全くなかったと言えばウソになります。

もう一つ言わないといけないのが

あの衝撃のラストですよね。

いやーこれはこれは。

まさかあんな展開が待っているなんて。

ゲームの内容とは全然違うメタ的要素だから

ドラクエでやる必要がなかったという感じた人も多いようで

僕も思わずうーん…とうなってしまいましたよ。

というわけで

僕みたいな生粋のゲーマーたちを完全に納得させるためには

ゲームから何も改変しなければ良かったかもしれません

そっくりそのまま3D映像化するだけならば

原作へのリスペクトが足りない!なんて批判もなかったことでしょう

でも…はたしてそれで良いのかな。

批判はないけど話題になることもないかもしれない

少し視点が変わるんだけど

僕は映画を見る前からとある情報が心に残っていたんですよね。

それは公式サイトや一部メディアで紹介されていた

堀井雄二さんのコメントです。

ゲームとしてのお話をそのまま別の形で表現しても

面白さに欠けるだろうと思って断ったことがありました

まだドラゴンクエストを知らない人にも見てもらって

ゲームに触れてもらえたら嬉しいですね

(※公式サイトより)

ゲームを知らない方でも

1本の映画として存分に楽しめるような作品にしてほしいと伝えました。

【※シネマトゥデイさんより】
「ドラゴンクエスト」生みの親・堀井雄二、映画化で山崎貴総監督にお願いした2つのこと

堀井雄二さんは総監督の山崎貴さんに

ドラクエが好きなゲーマーたちだけでなく

ドラクエを知らない人でも楽しめる作品にしてほしいとお願いしたそうです。

要は新規プレイヤーの開拓です。

国民的ゲームであるドラクエを知らないってことは

そもそもゲームをあまりやらない人が多いでしょう。

もっと言えばゲームに批判的な人も含まれているかもしれません。

ゲーム脳なんて言葉もある通り

昔から言われ続けてきたゲームとしての根本的な問題に

目をそらさず正面からぶつかっていった結果が

あの衝撃のラストにつながったのではないかと思うんですよね

ドラクエでやる必要はなかったと言われたら

確かにその通りかもしれないけど

ドラクエでやるからこそ意味があるのではないかと思いました。

そんなわけで

こういったいろんな感想がある中で

僕は賞賛の記事を書いたのでした。

この気持ちは今も変わりません。

おまけ

アイホンのセールスランキングを見てみたら

ドラクエ5が売り上げ1位になっていましたよ

映画の製作が発表されてから上位に来てはいたんだけど

その時はまだ1位ではなかったと記憶しています。

実際に映画館で見終わった後も

ドラクエ5やってみたーい

若い女性が言っていたのが聞こえましたもん。

賛否両論あるけど

一応製作者側の目的の一部だけ達成されたのかな。

ちなみにこれから初めてプレイするなら

当然オリジナル版に近いPS2版や3DS版がおススメなんだけど

個人的にはスマホ版もおススメです。

スマホと言えどあなどれませんね。

操作がとっても快適でしたよ。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク