スポンサーリンク

全アクセの理論値を作る時に知っておくと役立つこと

これ僕の大地の大竜玉なんですが

ここ最近で少し変わった点に気付くでしょうか。

そう!

伝承効果が最大HP+4から+5になったんですよ

賭けに失敗して最大HP+4が付いてしまい

でもそのうちカード持ち寄りとかで

自然と理論値になるだろうと思っていたら

いつの間にか数年の月日が経っていたんですよね

他のアクセもこんなのが多かったです。

スポンサーリンク

SPふくびき、錬金釜、ゴールド

ところでSPふくびきを引いていると

5等のボスカードがたくさん当たります。

レベル上げのためにメタキンコインを集めたり

ガニャポンのために小さなメダルを集めたり

そういう目的でSPふくびきを引いていたんですが

ボスカードが余って仕方がありませんでした。

かなりの確率で当たるから

それはもう数十枚単位で増えていきましたよ。

とはいえ選べるボスカードは

報酬が低級アクセのものばかりです。

冒頭に書いた大地の竜玉みたいな

理論値が未完成だったり伝承していなかったりするアクセはあるけど

肝心の持ち寄る人がいませんでした

困ったなあ。

期限切れるのももったいないしなあ。

というわけで

自分1人でボスカードを使いました

4枚投入してサポで討伐ですね。

ちょうど以前記事にした

魔王のネックレスやハイドラベルトの理論値を作った時のように。

最初はなんだかもったいない気がしたけど

SPふくびきの5等って有り余るほど当たるから

全然問題ありませんでした。

むしろこういう使い方が正解なのでしょう

ちなみに錬金釜でもボスカードが作れます。

SPふくびき5等景品と同じものも作れるけど

できれば錬金釜限定のボスカードを作りたいところ

・伝説の三悪魔
・ドンモグーラ
・暗黒の魔人
・Sキラーマシン
・Sジェネラル

以上のボスたちは錬金釜限定です。

結構強いところまで作れるんですね。

SPふくびきでも錬金釜でも

カードが手に入らないボスたちは以下の通りです。

・死神スライダーク
・ギュメイ将軍
・ゲルニック将軍
・ゴレオン将軍

たったの4種類だけ。

あっ…!

僕は気づいてしまいましたよ。

アクセの理論値作りって

①SPふくびきで当たるもの ⇒ 自分一人でガンガン使える

②錬金釜で手に入るもの ⇒ 白紙のカードで錬金がお得

③上記の4種類 ⇒ 高いけどゴールドで購入する

(そのうちどこかに追加されるのを待っても良し)

と三つの入手方法に分類できますね!

理論値をどこまで求めるのか

人それぞれ自分に合ったラインを見つけると良さそうです。

ちなみに僕は①まで完璧。

②と③は残すところあと少しです。

おまけ

この過程でリーネさんの合成レベル

あと少しでカンストするところまで上がりました

(レベル50まで)

経験値稼ぎをしたこともあったけど

必要なかったかもしれません

全アクセの理論値を作る過程で

合成レベルも自然とカンストしそうです。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク