スポンサーリンク

最強ジェルザークで絶望を味わってきました

今日は最強ジェルザークの日です。

昨日強さ2を倒したばかりですが

挑戦しないことには始まらないですからね

練習目的で行ってきたんですよ。

あわよくば討伐の期待も込めて

しかし現実はそう甘くありませんでした

これは勝てる気がしない。

何がどうなったら倒せるのかさえわからず

絶望感のようなものを味わいましたよ。

ちなみに強さ3の最強ジェルザークなので

募集を出す人はたいてい強さ2を討伐済みです。

今回組んだパーティの人たちも

話の内容や動き方から想像するに

強さ2であれば楽に討伐できていたでしょう

スポンサーリンク

最強ジェルザークが強い理由

最強になっても基本的な戦い方は変わりません。

ジェルソルジャーにエメラルドビームが追加されているくらいです。

これはいけるんじゃないかなと思ったら

リミットマグマで明確な違いを実感しました

阻止するために必要なダメージの量が激増しているのです

呪文耐性低下が2段階効いていて

魔法使いが二人とも生存していて魔力覚醒状態で

さらに超暴走魔法陣があることが前提。

一つでも欠けるとまず阻止できないので

そのリミットマグマは放置することになるんですが

気が付くとそこらじゅうマグマだらけなんですよ。

これは厳しい。

メラガイアーはリミットマグマ用に残しておかないとダメですね。

とてもじゃないけどボス本体に対して使える気がしません。

一応新しい知識は仕入れましたよ。

リミットマグマは暗黒の霧の後に使われることが多いので

そこを目印として超暴走魔法陣を使います

これがとってもいい感じ。

タイミングはバッチリでした。

しかし必ずうまくいくわけではありません。

例えばリミットマグマを使うジェルソルジャーが遠くにいて

ボス本体がこちらをターゲットにして近づいてくる時

どどどうすればいいんだよおおお!(((゚Д゚)))

メラガイアーを撃ち込みたいところだけど

そうするとボス本体に近づかれてやられてしまう。

魔法使い一人ではまずダメージが足りないので

マグマが出現してしまうのです。

どうすれば正解なのか

未だにわかっていません。

練習不足なのは間違いないけど

ここまで勝てる気がしないとは思いませんでした

と、とりあえず装備の不備を整えよう

転び耐性と踊り耐性の90%を装備するくらいなら

転び耐性100%だけのほうが良いことに気付きました。

踊りのおぞましき禍唱は避けないとまず勝てないけど

転びのジェルプレッシャーは避けられない場合が多々あります。

あと呪文発動速度の両手杖と腕装備も。

黄昏の魔杖は失敗錬金でも高いんだよなあ。

既に装備に300万Gほど使いましたが

プラスしてもう300万G使う予定です。

紫の錬金石も大量に


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク