スポンサーリンク

まるすけを春のドレスアップにしてみました!

まるすけの服って暑そうだねって言われました。

確かにもう4月も中頃。

フワフワの長袖じゃあ汗かきますよね

冬のドレスアップが自信作だったので

すっかり衣替えを忘れていましたよ。

【まんまる堂リンク】
まるすけの冬のドレスアップを作ってみました!

というわけで

春のドレスアップを作ってみました。

妖精の姿見とにらめっこすること約3時間

いくつかの候補を作りながら

ようやく完成品が出来上がりました。

スポンサーリンク

まるすけ春のドレスアップ

ちなみに僕のドレスアップは

からだ上、からだ下、くつの3種類で作られています。

あえてあたまと腕は使いません

手抜きですかって?

チガウチガウ(((゚Д゚)))

あたまと腕は最新装備を見せることで

ブログに載った時に現在の職業が伝わりやすくなるでしょう

一応僕なりのこだわりです。

前回と同じくここも考慮に入れて作ってみました。

まずはボツ集から。

聖守護者も控えていることだし

最初はよろいをテーマに作ってみたんですけどね。

プクリポによろいは難しすぎて断念しました

いや他の種族でも難しいのか…?

からだ上とからだ下が全く合わないんですよ

なのでどうしても上下セットのよろいになっちゃう。

でもそれじゃあドレスアップの醍醐味が薄れてしまうでしょう。

ぐぬぬ。

あとこれもプクリポ限定の話ですが

シャツが出るズボンをはくと

からだ上がスカートみたいになってしまうのです。

なのでシャツがインするズボンに変えるんですが

そうすると今度はバカボンのパパみたいな感じになっちゃう。

これは難しい。

みんな何気なくドレスアップしてるけど

相当なセンスを求められる作業でしょう。

もっと簡単にできるかなと思ったんだけど

いつの間にか時間ばかりが過ぎていました。

翠将鬼ジェルザーク

(あれ、反応がうすいな)

翠将鬼ジェルザーク

丸いあたまや肩のよろい

赤いスカーフに手足の緑まで完全再現です。

あまりにも決まらないので

だんだんネタに走ってしまいます。

初見でわかってくれる人いるかな。

前置きが長くなったけど

今度こそ完成品のお披露目です。

みなさんご覧ください。

完成品がこちら!

じゃじゃ~ん。

大きなスカーフがチャームポイントです。

やっぱりシンプルなのが一番ですね。

僕は緑色が大好きなので

ミモザ、ビリジアン、レタス、マスカット」と

4種類の緑色を使っています。

なかなかこういうドレスアップは見ないのでは!?

これはセンスがあると言わざるを得ない。

これはちょっとした自慢なんですが

僕は全種類の職人で生きる伝説になっているので

職人専用の装備も全種類手に入ります

こういうところをさりげなくドレスアップに入れるのもいいですね

最新装備との組み合わせもいい感じ

新しい服を買った時って

無性に外に出かけたくなるでしょう

今もちょうどそんな感じです。

明後日から聖守護者で忙しくなりそうだけど

新しいドレスアップで頑張れそうです。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク