スポンサーリンク

バトエン大会中に起きた世にも珍しい現象

バトエン大会に参加していたら

世にも珍しい現象が起きたのでご紹介したいと思います。

全員ファンキードラゴで

2ターン目から10ターン目までミス連発

4分間にも及ぶ長時間です。

文章だけでは伝わりにくいと思うので

まずは動画をご覧ください

スポンサーリンク

全員ファンキードラゴでミス連発

※8倍速なので音無しです。

遊んでいるように見えるけど

一応これは本気の戦闘なんですよ。

SSランクの熾烈な争いです。

なぜこんな現象が起きたのか。

順を追って詳しく説明していきます。

数あるバトエンの中には

攻撃対象が●または★しかいないものが存在します。

ファンキードラゴを例に見てみましょう。

●に対しては眠らせるだけで

あとはほぼ★に対する攻撃ばかり

一応6分の1で全員に10ダメージと毒の付与がありますけども

加えてファンキードラゴは

チェンジアタックが★に対する強力な攻撃です。

こういうタイプのバトエンは

タクティカルピックルールで注意が必要なんですよ。

今回のバトエン選択の場面では

封印の結果、上記のようになりました。

●タイプのバトエンは

ファンキードラゴとワイトキングのみ

ワイトキングは●に対する攻撃のみなので

●タイプが少ない今回選ぶのは得策ではないでしょう

というわけでファンキードラゴを選択

SSランクだから全員が理解していたのでしょうか

僕意外の人たちも同じことを考えていたようです

1ターン目は左の人だけパンドラボックス(★)

他全員がファンキードラゴでした。

ファンキードラゴは自身が●で

★に対する攻撃がほとんどです。

バンドラボックスが集中攻撃されてあっという間に撃沈

ここから2ターン目が始まりです。

自分以外のファンキードラゴを倒したいところですが

★に変更するのは危険です

集中攻撃は受けたくありません

かといって他の●もないですし。

このままファンキードラゴを出し続けるしかないでしょう

そしたら左の人もファンキードラゴを出してきました

2ターン目で全員ファンキードラゴが成立です。

ファンキードラゴの行動は以下の通り。

・★に50のダメージ
・●を眠らせる
・全員に10のダメージ+毒にする
・★に10のダメージ+マヒさせる
・★に50のダメージ
・ミス

中央の全員に10ダメージを引けばよいんですが

そうでなければ互いに攻撃できずミスになります

ミスでない行動が出る確率は6分の1

最初に引くラッキーな人は誰かなあと思いながら見ていたら…。

なんとクライマックスバトルまで誰も引きませんでした

2ターン目から10ターン目までずーっとミス連発です。

時間にして4分間ですよ。

6分の1引くかなあ…でない

6分の1引くかなあ…またでない

ってのを32回も繰り返しました。

前述のとおり決して遊んでいるわけではなく

最良の選択がファンキードラゴで行動し続けることでした。

いやー長かった。

珍しい現象が起こるもんなんですね。

ちなみにこの後の戦闘では

「第24ターン」というとんでもない泥沼試合になりました。

ターン数でこんな大きな数字は見たことない

バトエン大会SSランクになって

ようやく戦術を理解できた気がしますが

自分以外も同じことを考えている時があって面白いです。

たぶんランキング上位層は

そのへんを逆手に取っているのでしょうか


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク