スポンサーリンク

漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」を全巻読んでみました!

ドラクエ10を題材にした漫画

「ゆうべはお楽しみでしたね」がドラマ化されますね!

定期的に広場で公開される

ガンガンONLINEで第一話から一通り読んでいたのですが

良い機会なので最初から読んでみたくなりました。

たしか単行本があったはず。

Amazonでポチってみました。

スポンサーリンク

全巻購入しました!

じゃじゃ~ん(^ω^)

1巻から5巻まで先日届きました。

一冊500円+税で思ったより安かったです

さっそく読んでみましょう!

ちなみにですが

一応僕の漫画歴を書いておくと

自分で漫画を買ったことはほとんどなく

子供の頃、父親が持っていたドラゴンボール全巻

それから大人になって友人から勧められた

カイジを全巻読んだくらいでしょうか。

あとはその他ちょくちょくと。

そんな漫画を読む習慣がたぶんそんなに多くない僕の感想です。

読んでみた感想とかかった時間

読み始めて最初に出た言葉が

「あまずっぺー!」

甘酸っぱい

とにもかくにも甘酸っぱい

最初はゲーム特有のあるある話から始まるんですが

気付いたら男女の恋愛事情に発展していました。

それも草食系男子ギャル系女子の。

この絶妙な関連性が素晴らしい。

男女のルームシェアなんて

現実的にはなかなかあり得ないんですが

アリだと思ってしまうほどに引き込まれますね

インパクトのある題名とは裏腹に

恋愛系の少女漫画が好きな人はもちろん

ドラクエ10のゲームが好きな人にも楽しめるお話だと思います。

あんまり書くとネタバレになってしまうので

内容に関してはここまでにしておきます。

面白かった!

この感想を誰かに話したい。

ゆうたの集会とかもしあったら教えてください。

かかった時間は1巻あたり約40分でした。

5巻まで通して3時間ちょっとくらいです。

途中からでも面白い内容なので

一通り読んだのについついもう一回読んでしまいますね。

あと作者の金田一蓮十郎さんの言葉が印象的でした。

ドラクエの4コマが描きたかったのが

漫画人生の出発点だったそうです。

りっきーさん(開発スタッフさんたち)にもし会えたら

伝えたいことは決まっている!というシーンも。

ドラクエ10の大好き具合がひしひしと伝わってきましたよ。

ドラマ化されてもきっと面白いお話になるんだろうなあ。

漫画を読み返したらワクワク感がさらに高まりました


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク