スポンサーリンク

DQX開発スタッフ「2Dデザイナーさんたち」の紹介がありました!(DQXTV秋の大文化祭2018)

開発者座談会「2Dデザイナー編」。

ドラクエ10の開発スタッフさんたちの紹介がありました。

アートディレクターの中津英一朗さんが率いるチーム

2Dメニュー、ハウジング、BGアート、キャラアートのデザインチームです。

出演者一覧に載っていた開発スタッフさんたちが勢ぞろいです。

スポンサーリンク

2Dメニューデザイナーの仕事

石山榮子さん

ドラゴンクエストX メニューデザイナー。

文字周りや一枚絵など

2Dの表示物を作っている人です。

装備や道具のアイコンなども

ゲームでは昔から必ず使われているものですね。

膨大な作業量になるので

取捨選択も重要になると話していました。

その代表例がキャラアイコンの3D化でしょう。

ハウジングデザイナーの仕事

長岡紀文さん、今田佳菜子さん、今井美里さん

ドラゴンクエストX ハウジングデザイナー。

ハウジングに関わる全てのコンテンツをデザインする仕事です。

デザイン作業はアイディア会議から始まります。

プレイヤーの皆さんに驚いてもらえるように

いつもアイディアを出し合っていると話していました。

ちなみに上記の画像は全てボツ案だそうですよ。

ラフ画をたくさん書いて

その中から良いものをピックアップして

細かい部分を描き込んでいきます

ここで新しいデザインが追加されることも。

そして色のバリエーション

変更できる場所と変更できない場所も含めて。

だいぶ印象が変わりますね。

家キットには3種類のパターンがあるので

この時点で考えるそうです。

ガールズサイドとは

人気のある可愛らしい家具を作ろうと

女性のみで構成されたハウジングデザインチーム

りっきーさんの提案で作られたそうです。

BGアートデザイナーの仕事

深萱和弘さん

ドラゴンクエストX BGアートデザイナー。

BGとはバックグランド(背景)の略です。

ドラクエ10の世界を絵にかき起こす仕事

上画像は全て「絵」だそうです。

パッと見、3Dアートにしか見えませんね。

すごい。

ちなみに好きなキャラはライアン

ホイミンとの掛け合いが好きだそうです。

まずはディレクターとシナリオチームから話を聞きます

例えばエテーネ王国であれば

ディレクターの安西先生から空に浮いてる建造物が欲しい!とか

シナリオチームの成田さんからエテーネの起源や錬金術の繁栄の話とか。

でもいきなり設計は難しいので

聞いた話の中からキーワードを抜き出して

関連する言葉をどんどん広げていきます。

各エリアごとにイメージがかぶらないように

イメージカラーやサブカラーを設定したり。

こういった作業が絵にする時に非常に役立つそうです。

最後に具体的な絵を描いていきます。

こちらもたくさん描いてディレクターに見せて

採用不採用をジャッジしてもらって。

それから建造物の細かい部分もデザインします。

普段何気なく見ている背景ですが

魔法的な建築だったりドラクエっぽいお城の垂れ幕だったり

1つ1つBGアートデザイナーが作っているそうです

中でも特に記号には気をつけると話していました。

ある国では全然問題ない記号がある国では問題のある記号だったり

確かにそういうのよくネットで話題になりますもんね。

キャラアートデザイナーの仕事

天野尚さん

ドラゴンクエストX キャラアートデザイナー。

プランナーやディレクターの頭の中にあるイメージを具現化し

他のデザイナーへの指針となる設計図を描く仕事

キャラと言っても登場人物だけでなく

ギュッとちゃん人形やドルボードのデザインもしているようです。

アイディア出しが主な仕事なので

たくさんの没ネタが存在すると話していました。

リーネさんのスカートのスリットとレースのデザイン

シナリオ担当の人がとにかくこだわったので

いくつもデザインを描くことになったそうです。

ところが!

社内にある最終チェックに引っかかって

結局スリットは閉じることになってしまったそうです

こんなボツ案がザラにあると話していました。

トラシュカで落ちてくる予定だったボツ案たち

右下だけが完成品でそれ以外は全てボツ

犬の表情に憂いを持たせてほしいということで

いくつもの案が没になったそうです。

ホッパードルボードのボツ案

スライムを足蹴にしちゃダメでしょってことで。

ナエドコスライム

一旦はボツになったものの

改変してぬかどこスライムとして採用されました。

デブドラ

こちらも一旦はボツになったものの

改変してドラポヨロンとして採用されました。

元の名前が単刀直入ですw

以上、ドラクエ10の開発スタッフたち合計7人でした。

これまで書籍などでたまに名前を見かけるくらいでしたが

こうやってDQXTVで直接お話が聞けると面白いですね。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク