スポンサーリンク

博物館にドラクエ10で見たお魚がたくさんいましたよ!

午後にアップする予定だった記事を

急きょ先送りしてこの記事を書いております。

実は今日、博物館に行ってきたんですよ。

国立科学博物館」。

東京の上野駅の近くです。

別に何か理由があったわけではなく

いつものふらっと外出する遊び方です。

この前は上野動物園でパンダを見てきたので

じゃあ今度は近くのあそこにしようってことで

何となく国立博物館を選んだのでした

そしたらですね。

なんとドラクエ10で見たお魚がいたんですよ。

スポンサーリンク

ミツクリザメ発見!

あっ!ミツクリザメだ!

と思わず叫んでしまいました。

だってゲーム内で見慣れてますもん

マデ塔とかで釣れるお魚ですよ。

長く伸びた鼻みたいなものが特徴です。

サメなのにちょっと特徴的な見た目なので

覚えている人も多いでしょう。

先ほどの写真で奥にいたのがフウセンウナギです。

こちらも特徴的な見た目です。

ウナギなのにあんなに顎が大きいなんて。

ふと思ったんですけど

ドラクエ10をプレイすることで

いつの間にかお魚の知識が増えるんですよね

【まんまる堂リンク】
水族館にドラクエ10で知ったお魚がたくさんいました!

そういえば前にも同じことがありました。

今日見てきたお魚たちを少しだけ紹介するので

みなさんも一緒にご覧ください。

きっと見たことのあるお魚ばかりですから。

ドラクエ10で見たお魚たち

オオシャコガイ

プクリポより大きな貝です。

こんなのが実際にいるのかなと思っていたら。

博物館での写真です。

ほんとにでっかい…!

波打った貝がらもそのまんまなんですね。

ダンクルオステウス

釣り難易度が最高レベルのお魚です。

確か古代魚なんでしたっけ。

博物館での写真です。

図骨が展示されていました

でっかい牙とぎょろ目が怖い。

てっきり古代魚って絶滅種かと勘違いしていたんですが

古代から現在まで生き残っている魚類の総称なんですね。

シーラカンスみたいな。

メガロドン

こちらは絶滅種でしょう。

博物館での写真です。

展示品は歯の化石で

新第三紀中新世」が生きていた時代だとか。

人間なんて余裕で丸飲みできる大きさでしたよ。

続いてズワイガニ

足の向きが修正される前の貴重な画像です。

博物館での写真です。

なるほど!確かに足が逆だったんですね

最後にアノマロカリス

こちらも絶滅種です。

展示はされていませんでしたが

グッズコーナーにぬいぐるみで売られていました。

僕はちょっと苦手な見た目ですよ。

他にも山ほどあったんですが

この辺にしておきましょう。

もしかしたら開発スタッフさんたちは

ここに来たのかもしれませんね

良さげなお魚を見つけては

バージョンアップ毎に実装していたのかもしれません

ふふ(^ω^)

その理論で言ったら

これから実装されそうなお魚も

国立博物館にいるかもしれませんね!

それっぽいのも見つけましたよ。

これから登場しそうなお魚たち

ウミガメ

いそうでいなかったお魚でしょう。

魚じゃないですけどね。

ヒトデは既にいるけど

国立博物館には色々な種類のヒトデがいました。

中でも面白かったのがマンジュウヒトデです。

ふつう5本の腕があるのに

マンジュウヒトデは饅頭のようで

腕があるのやらないのやら

ドラクエ10に実装されたら面白そうです。

あとはイカに関連して。

大王イカってモンスターで出現しますが

なんと実在する生き物でした。

大王イカの標本です。

これはとんでもなくでかい

触手れんだとかされたらひとたまりもなさそうです。

わりと本気で狙ってドルドン

初期のクジラ類だそうです。

博物館の端から端まで届くほどの大きさでした。

こんなのが実装されたら

間違いなく最巨のお魚になるでしょう。

でもよく考えたらクジラは哺乳類なので

ドラクエ10のお魚の定義には入らないのかな。

おみやげ

グッズコーナーで

シーラカンスとオウムガイのぬいぐるみを買いました。

どちらも古代魚です。

ホクホク(^ω^)

たまにはこういう遊び方もいいですね。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク