スポンサーリンク

開発者座談会シナリオチーム編!(ドラクエ夏祭り2018)

今年の夏まつりは初のコーナーがありました。

開発者座談会シナリオチーム編

ドラクエ10の開発にかかわった人たちの生の話が聞けるそうです。

これは楽しみ!

スポンサーリンク

内川さんと成田さん

ゲストはドラクエ11ディレクターの内川毅さん

ドラクエ10のシナリオチーフプランナー成田篤史さんです。

左の紫の服を着たのが内川さん

右の黒い服を着たのが成田さんです。

二人ともドラクエ5が好きなんですね。

恒例のあの質問には…

内川さんはビアンカ成田さんはフローラと答えていましたよ。

内川さんがデザインしたキャラクターたち

人妻キャラの作成が得意だそうです。

クラハさんのデザインが気に入らなくて

りっきーさんに直訴したこともあるそうです。

城主ダストンはドラクエ10の世界に馴染むので

今は成田さんが引き継いでVer3以降で活躍させているそうです。

ケトス事件について

成田さんはドラクエ11とネタがかぶらないように

序盤のうちはシナリオを監督していたそうです

そこで起きたのがケトス事件

ケトスとはドラクエ11に登場した空飛ぶクジラです。

ドラクエ10の水の領界に登場する予定だったカシャルですが

非常にケトスに似てしまっていたので

急きょデザインを変更することにしたそうです。

確かに似てる!

ボツになったシナリオ

例えばドラクエ11のメダル女学院。

もっとマップが広くて色々なシナリオを詰め込む予定だったのが

物語のテンポを考えてボツにすることになったそうです。

そういったことがシナリオ設計上では日常茶飯事だとか。

ドラクエ10でもボツになったシナリオが

Ver2のボツになったシナリオのプロット

真と偽、2つの世界の片方は勇者が作った世界という設定があったそうです。

勇者が世界を作り出す壮大なストーリー。

しかし勇者の力としてはわかりずらい

堀井雄二さんから言われてボツになったと話していました。

このへんは現状のVer2と似ていますね。

世界創造というわかりずらかった力を魔王の能力にして

現状のVer2のシナリオになったそうです

成田さんはお客さんの驚きを大切にしていると話していました。

ドラクエ11は一周年

ちょうど今日で一周年なんですね。

PS4と3DSで半額です。

すごい!


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク