スポンサーリンク

最大HPを下げて挑む戦法がレギルラッゾたちのⅡやⅢで流行っているようです

レギルラッゾたちⅡやⅢでは

最大HPをできるだけ下げてほしいと言われます。

理由は聖女の守り中心の戦い方になるので

発動条件である最大HPの半分を満たしやすくするためですね。

聞けば納得の理由ですがまさかこんな戦術があるとは。

今までの最大HP至上主義は何だったのかと驚く人も多いでしょう。

ちなみに戦士を入れる構成では

真やいばくだきが前提になるので

最大HPを高くしたほうが良いと思います。

この戦術は天地や占い、僧侶にキラパンで挑む場合です。

スポンサーリンク

素のベホマラーの回復量

レギルラッゾたちⅡやⅢでは

頻繁にしんで蘇生してを繰り返すので

僧侶が聖なる祈りを使っている暇がありません

なのでベホマラーは素の状態で使うことになります

僕の僧侶でベホマラーを唱えてみたら

回復魔力766で約240の回復量でした。

ということは

最大HPを480くらいまで下げれば

ベホマラー1回で聖女の守りの発動条件を満たすことになります

※どこまで下げるのがベストなのかは要調査です

ちなみにカカロンのベホマラーは約360回復します

プレイヤーよりずっと多いですね。

こちらはだいぶ先まで

聖女の守りの発動条件を気にする必要はなさそうです。

最大HPを下げるために

まずは大地の大竜玉をはずしましょう

氷闇の月飾りを装備したいところですが

多くの人が錬金効果に最大HPアップを付けていると思います

また1から作り直すのはちょっと大変かな。

そこで人気が出てきたのが

まよけのすずひきよせのすずです。

体感できるほどの効果はないらしいですが

最大HPの上がらないその他アクセは

上記の2つくらいしかありません。

天地や占いがまよけのすずで

キラパンや僧侶がひきよせのすずを付けると聞きました。

僧侶なら胸アクセをイシスのアンクに変えましょう。

合成効果は回復魔力アップです。

一応作っておいたのですが

まさか使う機会があるとは思いませんでしたよ。

不思議のカードの効果も付けなおしました

天地や占いでも使えるよう攻撃魔力

足装備で人気のすばやさを付けています。

3つ目はお好みでしょうか。

一気にガクッと下げたい場合は

パラのはくあいスキルを82まで振らないという手もあります。

全職業で最大HP+30がなくなるので

簡単に最大HPを400台まで下げられるでしょう

武闘家のきあいスキルを下げるのも良いと思います


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク