スポンサーリンク

Ver4の舞台になりそうな年代を調べてみました!

【まんまる堂リンク】
Ver4.2の舞台となる古代オルセコの歴史を調べてみました!

アストルティア創世記には

神話時代から現在までの年表が載っています。

古代オルセコの歴史を調べていたら

他にも興味深い歴史がたくさんあったんですよ

もしかしたらVer4.3以降のストーリーで登場するかも!?

そんな年代を片っ端から書き出してみました。

思ったよりたくさんありましたよ。

スポンサーリンク

神話時代末期

初代勇者と盟友の誕生

年表の一番最初に書かれた出来事です。

年代が書かれていないので

5000年前よりずっと前の年代でしょう。

初代勇者と盟友は兄弟だったんですね。

魔族を討伐した後は

兄は国を作り、弟は人知れず旅立ったと本に書かれていました。

勇者と盟友のお話はVer4.1で使われましたが

もっと掘り下げるならこの年代でしょうか

4000年前~3000年前

三闘士という言葉を覚えているでしょうか。

当時のドワチャッカ大陸を大規模に開拓したドワーフの英雄です。

それぞれの末裔が旧ドルワーム王国、ウルベア地下遺跡、ガテリア皇国を作ったとか。

ラニアッカ断層帯には三闘士の遺品である

「ハンマー、オノ、盾」をかたどった石碑が残されています。

ドワーフが中心のお話にするならこの年代だと思います。

3000年前には「魔王の襲来」と

とんでもない記述がさらっと書かれています。

レンダーシアから勇者が現れて魔王を倒したそうですが

年表に書かれている文字以外の情報が何もありません

どういうことなの!?

あと盟友の記述もないんですけど…。

2000年前~1000年前

エルトナの聖地が発見されたのが2000年前

カミハルムイ王家の前身となる一族も現れたそうです。

そしてカミハルムイ王国が建国されたのが1000年前

エルトナの聖地を守る使命を帯びた一族が建国したそうです

これ以外の記述がないんですが

エルフ中心のお話が作られるならこの年代でしょう。

同じ頃に世界樹のお話も登場しています。

2000年前、当時2本目だった世界樹が誕生して

1200年前、魔瘴を吸いすぎた世界樹が暗黒大樹化したそうです。

今の世界樹はツスクル村の近くにあるんでしたっけ。

いつかは暗黒大樹化するのでしょうか。

700年前~500年前

フォステイルが登場した年代です。

パルカラス王国が建国されたのが700年前

しかし王様の非道を正すべくフォステイルがクーデターを起こします。

その後メギストリス王国が建国されたのが500年前

初代王は魔術師フォステイルです。

ちなみにメギストリスとはパルカラス王の娘で

フォステイルの妻となりました。

そういえばそんな話が配信クエストでありましたね。

プクリポ中心のお話ならこの年代でしょうか

600年前~400年前

ドワーフのイザクが計画の発起人

約600年前の出来事です。

それから約200年かけて大陸間鉄道が完成したそうです

魔王や戦いとはあまり関係のないお話ですが

大陸間鉄道は僕たちプレイヤーには欠かせない存在です。

アストルティアにとって革命のような出来事と言えるでしょう。

500年前~200年前

フォステイルによって終わりの塔が作られたのが500年前

終わりの塔とは今のキラキラ風車塔のことです。

さらにエパト王によって始まりの塔が作られたのが300年前

始まりの塔は天災によって崩壊してしまいますが

大いなる魔力により異なる次元で存在し続けているそうです。

プクリポの配信クエストで登場したお話ですね。

300年前

ヴェリナード王ラーディスが王位を妻に譲り

以降、男性のが王位に就くことを禁じた年代です。

娘のセーリアを封印の巫女にしてしまったことを嘆き

王家の男は家族を守るために全力を捧げるべきと考えたのが理由だそうです。

なんと感動的なお話でしょう。

ウェディ中心のお話ならこの年代でしょうか。

結構たくさんあるでしょう。

Ver4のお話は残すところ3~4個だと思います。

いったいどれが登場するのか。

それとも全然別のお話が登場するのか。

楽しみですね!


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク