スポンサーリンク

【後編】プレイヤー座談会で話したことをまとめました!

【まんまる堂リンク】
【前編】プレイヤー座談会で話したことをまとめました!

前回の続きです。

最近面白かったコンテンツ、職業バランスについては

1つ前の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

運営開発からの情報発信

ツイッターの使い方や広場やDQXTVで公開してほしい情報

どんな情報を公開すればプレイヤーに喜ばれるかという議題です。

さっそく話題に上ったのがこちら。

安西先生がツイッターでドラクエのことつぶやかないんだけど…

青山さんは積極的にドラクエに関する話を発言しており

よーすぴさんは仕事で受け持つドラクエ10とニーアを半分ずつくらい

どうしても上記2人と比べられてしまうのが安西先生なんですが

人狼ゲームの感想や親しい人のリツイートばかりでしたもんね。

これに対して安西先生

仕事用とプライベート用のアカウントを分ければ良かった。

最大の失敗だったと思っている、と話していました。

いつになくやっちまった感の伝わる言い方ですw

元々ツイッターをプライベート用に使っていたところで

急にディレクターに就任してしまったのが理由でしょう。

みなさんからどう思われているのか把握したので

今後は使い方を見直すそうです

ついでに人狼のことも話題に上りました。

よーすぴさんも安西先生も人狼のことばかりつぶやいているけど

もしかしてドラクエ10に人狼が実装されるの!?と。

これに対してよーすぴさんと安西先生は

そんなつもりはまったくないと話していました。

人狼はただの趣味だそうです。

考え方としてはその逆で

ドラクエ10に人狼を持ち込むのではなく

人狼もしくはリアル脱出ゲームのような

別の界隈にドラクエ10を売り込むことで

新規プレイヤーが増えることを期待しているそうです。

それで最近は人狼の舞台とか行われたんですね。

ただゲーム内のプレイヤーイベントとして

人狼が遊ばれていることは把握しているので

例えば「いいね!」すると色が変わるおにごっこ帽子のように

何かしらのちょっとしたアイテムで手助けができるのならば

実装を検討すると話していました。

もちろん他のプレイヤーイベントも対象です。

それなら比較的開発コストも抑えられますもんね。

何か良いアイディアがあれば積極的に発信してほしいそうです。

他にはDQXTVで発信してほしい情報とか。

コロシアムの観戦機能を一応作ってはみたけど

コレジャナイ感が強かったので満場一致でボツになったという話で

それこそがDQXTVで面白がられる情報でしょうと伝えました。

開発の裏話は何に関しても面白いものです。

過去コンテンツの改修案

誰もが魔塔を思い浮かべる議題ですね。

遊ばない理由だけでなく

どうすれば面白くなるかまで案を出し合うのです。

そしたら勢い良く手を挙げて発言する人がいたんですよ。

続けざまにこう言うのです。

魔塔は俺が思ってたのと全然違った。

いっそメテオ※でぶっ壊してしまえばいい、と。

※別ゲームの攻撃魔法。大きな隕石が降ってくる

最初は笑い話のように聞いていましたが

面白いことに安西先生やよーすぴさんが賛同し始めるのです

魔塔は改善に改善を重ねて今の形にたどり着いた。

しかし全然遊ばれていないのが現実としてある。

なのでビジョンをはっきりさせてから

デザインを根本から作り直すことが大切だと考えている。

安西先生が話していました。

よーすぴさんに至っては

どこかのバージョンアップ後に魔塔の上空を見上げたら

何やら赤い彗星らしきものが追加されているかも!?

なんて話していましたよ。

ぶっ壊す案はとても好評

例えば大討伐イベントに失敗したら

崖っぷち村のようにどこかの拠点の景色が一変したり

カジノコインを全回収してカジノ自体を作り直したり

かなり思い切った案に対して

開発運営スタッフは深くうなづいていましたよ。

あとは強ボスと連続して戦うボスラッシュとか。

アクティブ人数の少ないチームの救済処置として

チームの掛け持ちは何度も話題に上ったけど

必ず人間関係でもめると思うのでボツになっているそうです。

ルームの人数を増やす方向で調整したいと話していました。

最後の伝えたいこと

最後はなんでもありの雑談です。

ジャンルを問わず色々な話題が飛び交いました。

ゴールドマンMAXやダンシングトレジャーズって何だったの!?

何が何でもはぐらかす姿勢(´・ω・`)w

不具合の不正利用のラインをはっきりさせてほしい

明記することは難しいので迅速な対応を心掛ける

ゼルメアで鍵が足りない現象を何とかしてほしい

失敗した時にプレイヤーが責められないよう
あえて理不尽な運要素を強くしている

個人的にゴールドマンMAXの話が聞き出せなかったことが心残りです。

なんだか開発運営スタッフが結託して口を閉じているように見えたので

今後も機会があれば積極的に突っ込んでみようと思います。

終了時間を15分くらい過ぎたところで

思い切った質問をしてみました。

ドラクエ10サービス終了後のビジョンはありますか?と。

せっかく莫大なコミュニティが作られているので

運営としても簡単に手放したくないと思うんですよね

なので何か新しい受け皿を作るとか

そんな未来の構想はあるのかなと聞いてみたのです。

そしたらよーすぴさんも安西先生も青山さんも

今のところサービス終了なんて想像できないと話していました。

過去に10年続くと話したけど確実にもっと長く続くでしょう。

現にFF11だって16年くらい続いていますもんね、だそうです。

僕は安心しましたよ。

いろんな意味で。

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に終わりました。

約3時間話し続けましたが

全然足りなかったと思うほどです。

今回の応募は1000人近いほどの大人数だったので

次回開催時は参加者をガラッと入れ替えても良いかなと考えているそうです。

それにしてもいちプレイヤーである僕が

まさかこんな場所に行くことになるなんて。

決して特別扱いされることではなく

よーすぴさんたちもそれは特に強調していましたが

やはり人生の大半を捧げているコンテンツの開発者に会えるのは嬉しいものです

直接会って想いを伝えられることは

双方にとっても良いことだったはずです。

また開催されてほしいなあ。

僕と同じ感動をみなさんにも味わってほしいなあと思いました。

あともう少し情報発信者としての自覚を持とうと思いました。

4月24日(火)には

広場に座談会の様子がアップされるそうです

参加者の集合写真とかあるかも。

楽しみにお待ちください。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク