スポンサーリンク

ウェナプリンス賞の受賞者にインタビューしてみました!

少し前から第5回プリンスコンテストの受賞者が公開されています。

さすがは受賞者たちで目を見張るような写真が並んでいるんですが

その中にどこかで見たことのある人がいました。

なんと僕のフレンドにいる人だったんですよ。

半年くらい前に誘ってもらったプレイヤーイベントの主催者です。

【まんまる堂リンク】
飛竜に乗って花火を使うイベントに参加してきました!

あれからちょくちょく交流があったのですが

まさか写真コンテストに入賞していたとは。

良い機会なので色々お話を聞いてみました。

スポンサーリンク

写真の撮影方法

まずは受賞した写真を見てみましょう。

何やら遺跡のような場所ですね。

後方には火花が舞い上がっているように見えます。

そして青白くうっすらと半円が浮かび上がっています

なるほど。

これは特殊な撮影方法でしょう。

パッと見た感じのアストルティアに存在しない感がすごいです。

こんなのどうやって撮ったの?と聞いたら

撮影場所に案内してもらえました。

それがこちら。

画面中央に燃えているのが撮影場所だそうです。

思ったよりも小さくて驚きました

大きな遺跡に見えたけど

写真に収まるところだけのコンパクトな作りだったとは。

ドワーフのボスの石像を

朽ちた遺跡のアーチにすっぽり収まる角度で撮影して

半円の石碑のように見せかけたり

焚火を重ねて舞い上がる火花に見せたり

色々な撮影技術を教えてもらいました。

写真コンテストの受賞者って

みんなこうやって独自の背景を作っているんですね。

僕のキャラを受賞した写真と同じ構造で撮影してもらいました。

それをツイッターで送ってもらった画像です。

撮影方法がわかると写真の見え方も変わるでしょう。

ちなみにこれが僕の応募写真です。

コンパクトな独自の背景を作る撮影方法

僕も無意識に使っていましたよ。

しかし第一印象のインパクトがまだまだ足りないかな。

今度応募する時は

こういった撮影方法を意識してみようと思います。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク