スポンサーリンク

実はVer4.0から職人で結構な利益が出ていました

Ver4.0が始まって実はいつになく職人にはまっております。

全職業の生きる伝説を宣言して残りは武器鍛冶と防具鍛冶だけ。

結晶装備や釣り竿のような常に儲けられる商材が存在しないので

職人レベルを上げるのは難しいなあ…と思っていたのですが

身近な人にとある方法を教えてもらってからは

毎日必ず職人をする時間をとるほど好きになりました

今回はその方法を少しだけ書いてみようと思います。

具体的な商材をここに書くと

同じ商材を扱っている人に迷惑がかかるので隠しつつ

僕の職人の遊び方売れ行きから考える現状などを書けたらと思います。

スポンサーリンク

僕の職人のやり方

僕の旅人バザーは毎日8枠埋まっています。

全て武器鍛冶職人で作った装備品です。

売れる数は1日に5個~10個ほど

そんなに安くない装備ばかりなので

1か月以内には評判が生きる伝説になると思います

しかも利益を維持しつつ行っているんですよ。

Ver4.0が始まって得たゴールドは約200万Gです。

1日あたり20~30万Gは利益が出ています。

すごいでしょう。

さらに驚きなのがやり方です。

一発仕上げでドレスアップに使われそうな武器を作るだけ

原価と旅人バザーの出品額を照らし合わせる必要はありますが

1度商材を見つけてしまえばあとはカンカン打って並べるだけですね。

職人をやっている時間は短い時で1日10分くらい

商材を探したり売れ行きを見たりと長い時で1時間くらいでした。

ちなみに「ドレスアップに使われそうな武器」とは

だいぶ高いセンスや慣れが求められます。

見つけられるようになるまでは失敗もたくさんありましたよ

ドレスアップ用に使ってもらうのは目的なので

出品する時の値段を欲張りすぎないのもポイントです。

鍛冶の道具は3種類持っています。

・銅の鍛冶ハンマー 一発仕上げで使うため
・プラチナ鍛冶ハンマー 標準的に使うため
・光の鍛冶ハンマー ☆3を作ってコツをつかむため

商材を見つけたら

光の鍛冶ハンマーで頑張ってコツをつかみ

あとは銅の鍛冶ハンマーの一発仕上げで作るのです。

ハンマー代って意外と大きいので

1個200Gの銅の鍛冶ハンマーで作ることで

利益が出やすくなるのです。

逆に光の鍛冶ハンマーは性能も高いですが値段も高いので

大事に大事に使っています。

同じ方法が納品依頼でも使えますね。

1つ1つ時間をかけて☆2や☆3を作って利益を上げるのも良いですが

1発仕上げ連発の1日5~10分程度で終わらせて

あとは他のことに時間を使うという効率を求めるやり方も良いでしょう。

武器鍛冶でできることは防具鍛冶でもできそうです。

これは全職人生きる伝説も近そうですね!

装備がたくさん売れるのは

きっと新規さんや復帰さんのおかげでしょう。

装備ドロップで職人をやる人が少ないのも影響していると思います。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク