スポンサーリンク

プロデューサー夜話~bar miyakeでお話されていたことをまとめました!

本日21時からプロデューサー夜話と題してニコニコ生放送が行われました。

10月8日の文化祭でもプロデューサー夜話が行われましたが

みんなまだ色々話したいねって話題になったので

もう1度開催することになったそうです。

スポンサーリンク

今日の雰囲気

サイトーVさんが「お久しぶり」って感じで登場。

なんという茶番でしょう。

今日はこういう雰囲気なんですね(^ω^)

続いてよーすぴさん、りっきーさん、安西先生、青山さんが登場。

和やかな雰囲気で雑談が始まりました。

どの機種で発売しようか

ドラクエ10サービス開始前のお話

どの機種で発売しようかと迷った時に

当時はWiiとPS3がありました。

しかしPS3は本体がとんでもなく高い

こんなものをお客さんに買ってもらうのは忍びないということで

Wiiに決定したそうです。

もしPS3だったら

機種を持っていなかったので

僕も迷っていたかもしれません。

りっきーさんの近況

ちょうど今日の時点で忙しさが終わったそうです

つい先週までは青山さんに謝りにいったりしたとか。

今は晴れやかな気分でお酒を飲んでいると話していました。

ちなみに青山さんに謝るというのは締め切りの話だそうです。

制作に対してりっきーさんは深いこだわりがあるけど

当然締め切り日もあるわけで

そこを担当しているのが青山さんのようです。

りっきーさんの今後

アイディアまではできているそうです

この体験が形にできたらすごいことになる!」と話していました。

こういうものが作れたらこういうビジネスにつながるとアイディアを固めて

それから試作品を作って三宅さんにプレゼンして

もし許可が下りたら制作が始まるそうです

発売予定機種はPS4やSwitch。

スマホは考えていないと話していました。(漠然と)

サイトーVさんが集英社に入った経緯

サイトーVさんは理系の勉強をしていたそうです。

当時はITがもてはやされており

電子書籍の分野で活躍できると思います!と面接で言ったとか。

会社をだまして入ったんですよ…」とぼそっと話していました。

そんなことはないでしょうけどね。

今やっている仕事とは違うねという感じのニュアンスです。

明日発表予定の開発運営だより

プレイヤーとふれあいが持てるのが喜び

クリエイターなのでどんな意見でも頂けるのがとても嬉しく

こんな体験ができたことが

ドラクエ10の制作に関わったことで得られた最高の宝物だと話していました。

「J」社の彼

「J」社の人と会う機会があったそうです。

控え室に行ったら2人だけになったとか。

「J」社って…たぶんジャ〇ーズ?

たま~~にうわさを聞くあの人でしょうか。

安西先生の近況

仕事の中身が今までと大きく変わったので

慣れないことが多い分とっても大変だそうです。

話を聞いているとまわりのスタッフも多少の変化があったようです

昇格とか人事異動とか色々あるのかなって感じのお話でした。

教えて青山さん!のコーナー

単発ではなく今度のドラクエ10TVのレギュラー企画

本の執筆も色々指摘されながら作っているそうです。

技術スタッフは例えるなら電車と同じく

ちゃんと動いていて当たり前

少しでも不具合が起きたら怒られる立場です。

青山さんは仕事してて楽しいことはあるんですか?という質問に

あります!よくありますよ!と笑顔で話していたのが印象的でした。

藤澤仁さんについて

あの人は頑固職人だと話していました。

青山さんが言うにはわがまま具合では

藤澤仁さんよりもりっきーさんのほうが上だそうです。

藤澤仁さん本当はここに出現する予定だったけど

最近骨折してしまったので急遽出演できなくなったそうです

まさか骨折しているとは。

あわててツイッターを確認したら本当でした。

お大事に…!

三宅さんについて

Wikipediaに載ってる三宅さんのプロフィールは全部ウソだとか話していました。

「女性が苦手」なんて書かれていて自分でびっくりしたそうですよ

ネットの情報なんてそんなものでしょう。

歳は50。

大学が卒業できなくて6年間通っており

それからアルバイトでエニックスに入ったそうです。

それなのに今はドラクエの総括プロデューサーですからね。

三宅さんみたいな人がいるからクリエーターは安心して仕事ができる

よーすぴさんが話していました。

スクエニさんに入社したい人へ

今はこんな時代なので新卒では入りづらいが

ほかの会社で経験を積んで来たらとても入りやすいと話していました。

コネみたいなものはまったく通じず完全実力主義だそうです。

青山さんについて

ドラクエ10の制作に関わる前はとんがっていたとか。

まるで魔瘴をまとっていたかのようとよーすぴさんが話していました。

安西先生でさえも青山さんは優しくなったと話していましたよ。

NG権限があるので曖昧なことは許さないそうです

自信満々で来る人はたいていダメ。

できることとできないことをはっきりさせてることが大切だそうです。

ほろ酔いりっきーさん

いつもは白いりっきーさんですが

今日はなんだか顔が赤くなっています

しゃべり方からもだいぶ酔っている感じが伝わってきます

堀井雄二さんについて

ドラゴンクエストはこうあるべき!ってものが

プレイヤーも開発スタッフもみんなあるでしょうけど

そういうのが一番ないのが堀井雄二さんだそうです。

だから勇者ヨシヒコみたいな作品もできたとか。

ドラクエ10もスピンオフ作品も含めて

堀井雄二さんをスルーして制作が進むことは100%ないそうです。

ウォータースライダーについて

途中までは本気で作ろうと思っていたけど

作るなら適当ではダメだ!ということで本格的に作り出したが

あまりにも話が大きくなりすぎて放置状態だそうです。

コレジャナイ感がありまくりだったそうで。

よくある話ですね(^ω^)

ウォータースライダーをサービス開始10年目までに必ず使うと話していました。

お酒の席なのでどこまでが本当なのかわかりませんけどねw

学園の話

サイトーVさん。

ゲーム内でフィクションの恋愛やエロは受け付けないそうで

学園をやった時にすごく違和感があってダメだったと話していました。

結構ぶっこみますね!

それを実装するにあたってプロジェクトとしてどういう判断だったんですか?

と、りっきーさんに対して質問。

学園だけは簡単に言うと余ったリソースで作ったそうです。

カットシーンの作り方も本編とはだいぶ違ったそうです。

なので学園に力を注ぎ過ぎだと言われるのはとても嬉しかったと話していました。

学園に関してはアレルギー反応を示す人たちにはとても申し訳なく思う

しかし学園を愛している人たちもいるのでそうは言えない

当時はオンラインゲームとして行き詰った感があったので

学園を実装することで内容の幅が広がったのは良かったと三宅さんが話していました。

ドラクエ10のコンサート

来年は行われる予定だと話していました。

しかしドラクエ10だけは楽曲が多いので大変だそうです

すぎやまこういちさんの曲は

最初に聞いたときは少し違和感があったりするけど

ゲームに当てはめるとあまりにもしっくりきて驚くそうです。

りっきーさんの好きなキャラ

ずばり「ゼルドラド」だそうです。

リルチェラじゃなかったんですね!

ゲマ(ドラクエ5の敵キャラ)と同じくらい

こいつは倒さなきゃ!となるキャラなので

ゼルドラドのキャラを立たせるためにマデサゴーラが生まれたそうです。

りっきーさんの出演

お客さんと対話する場をもっと設けたいので

もし呼んでもらえれば喜んで出演したいと話していました。

よーすぴサンタにも出演予定だそうです。

こんな感じで放送終了です。

ほんとに飲み会で雑談!って感じでしたね。

実に面白い!!

またやってほしいです。

アンケート結果で「とても良かった」が90%を超えたので

また同じ企画が行われるかもしれません


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク