スポンサーリンク

チャンス特技が発生するまでの時間を通常攻撃連発とタイガークロー連発で比べてみました!

常闇ボスをできる限り早く倒すタイムアタック企画では

盗賊が通常攻撃を連発していることが多いです。

災禍の陣狙いなのかなと何となくはわかるのですが

タイガークローと通常攻撃では大きなダメージ差があるので

本当に通常攻撃を使う価値はあるの?と疑問に思いました。

そこでタイムアタック企画の入賞者に聞いてみたり

チャンス特技の発生具合を調査したりして

詳しく調べてみることにしました。

スポンサーリンク

盗賊を使う理由

タイムアタック企画で通常攻撃を連発するのは

まもの使いや武闘家ではなく主に盗賊のみです。

理由はヴァンガードコートが装備できるから

セット効果にチャンス特技発生率+1%があるので

装備できないまもの使いや武闘家よりも確率が高いんですね。

行動毎に+1%されるので

1%と言えども効果は大きいようです。

チャンス特技発生までの時間

強ボスと戦ってタイガークローまたは通常攻撃を連発して

チャンス特技が発生するまでの時間を調べてみました。

必殺技と同じく1度発動すると5分間は発動しないので

1度発動した後は全滅してから再度戦闘に入っています。

【調査結果】

タイガークローの場合
・3分50秒
・5分58秒
・8分50秒
・4分19秒
・5分33秒

通常攻撃の場合
・1分13秒
・14秒
・1分40秒
・2分34秒
・1分35秒

まさかここまで差が出るとは。

タイガークローが約5分40秒なのに対して通常攻撃は約1分30秒です。

会心の一撃の出やすさが決定的な差になったようでした。

ということは盗賊のテンション強奪拳

チャンス特技の発生率を考慮して実装されたのかもしれませんね。

ちなみに合計ダメージは

タイガークローが約600なのに対して

通常攻撃は会心なしで約200、会心ありで約550です。

ダメージまで考慮すると

どちらが有効なのかは状況によって変わりそうですが

テンション強奪拳で会心率がアップしている状態なら

迷わず通常攻撃を連発しても良いかもしれません。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
スポンサーリンク