【PR】記事内にプロモーションが含まれております。

【夫を味方にする方法】全話ネタバレまとめ!ストーリーのあらすじも!

漫画

この記事では、夫を味方にする方法の全話ネタバレについてまとめました。

韓国発の原作小説「夫を味方にする方法」ですが、ピッコマにて連載中で話題になっております。

まだ読んだことのない方や、どんな作品なのか?も気になるかと思いますので、今回は「夫を味方にする方法」のネタバレについて全話まとめ一覧をご紹介いたします。

ストーリーのあらすじも含めて解説して参りますので、参考になりますと幸いです。

【夫を味方にする方法】全話ネタバレまとめ

【夫を味方にする方法】の全話一覧
1話 2話 3話

夫を味方にする方法のあらすじ

主人公のルードベキア・デ・ボルヒアは前世に別世界から死後に転生した女性。

父親を教皇に持つ家族の末っ子として生活。

表面上は仲が良く笑顔が多い家庭のように見えるが、教皇である父・ボルヒアはルードベキアに何度も政略結婚を命じ、その度に婚約破棄をくり返しルードベキアを物のように扱う始末。

物語はそんな何度も行われた政略結婚が新たに命じられるところから始まり、結婚相手が国王の甥で北部最高の騎士として有名な人物であることを知らされる。

父親に逆らうこともなく、ブリターニャは笑顔でその結婚を快諾。

しかし、ブリターニャには秘密があり今回の結婚はただの政略結婚で終わらないことに感づいているが・・

夫を味方にする方法の登場人物

ここからは「夫を味方にする方法」の登場人物についてまとめていきます。

ルードベキア・デ・ボルヒア

教皇の娘で本作ではこのルードベキアに主人公が憑依している。

相性は「ルビ」。

ファンタジー小説の登場人物であり悪女。

前世の主人公

ルードベキアになる前の主人公。

日本生まれで慈善児童としてスペインの上流階級の養子になるが家族から虐待を受ける。

ヘリの事故で死亡した後、何故か前世で読んでいた『ソドムと聖杯』という架空ファンタジー小説の世界で悪女として登場していたキャラクターへ憑依する。

イースケ・バン・オメルタ

ブリターニャの寵児で国王が大事にしている甥っ子。北部最高の騎士として有名でとてもハンサム。

エレニア・バン・オメルタ

イースケの妹で冷静沈着な性格。

兄からの信頼も厚く、主人公への優しくしてくれることもある。

フレイヤ

イース家の幼馴染。

とても優しく思いやりもありイース家からの信頼関係も良好。

しかし、主人公へ時折見せる冷血な表情や行動など怖い一面も持つ。

ボルヒア

教皇であり、主人公の父親。同盟のための政略結婚を何度も行うがその度に破棄させている。

ボルヒア妻

主人公の母親。

チェシアレ・デ・ボルヒア

長男、主人公の兄。ルードベキアをルビと呼び、妙に可愛がっている。

一方、不満があると暴力をふるってしまう一面もある人格者。

エンツォ・デ・ボルヒア

次男、主人公の兄。ルードベキアの度重なる政略結婚に胸を痛めて異を唱える優しさを見せるが、純粋なものではない。

アイバン卿

イースケと同士で主人公の事を助けてくれる救世主的存在。

イースケや主人公は心を許せる数少ない人物。

メイド長

オメルタ城でメイドを指揮する各メイドの長。

永い間城で働いてきた事もあり、主人公へは冷たい対応も。

城のお局的存在。

 

 

コメント