牙神昇誕はウォークライと組み合わせると使いやすいです!

3.5前期から牙神昇誕のチャージ時間が短縮されました

牙神昇誕Ⅲなら

開始チャージ時間が65秒から30秒

通常チャージ時間が130秒から100秒になっています。

実際に使い勝手を調べてみたところ

まもの使いを意識した調整のように思えました。

調査時のステータス

載せているダメージは

攻撃重視装備のまもの使いで出しています。

攻撃力は416

常にバイキルト状態です。

調査に使ったベヒードス

守備力456で多くのボスと同じくらいの硬さです。

牙神昇誕の基本知識

牙神昇誕は攻撃力が60上がる効果があります。

この60はバイキルトの影響を受けないので

タイガークローなら+108のダメージ

ライガークラッシュなら+285のダメージ

計算でダメージの増加量を調べることができます。

バイキルト状態のタイガークローで

ベヒードスに合計で約600のダメージを与えました

なので牙神昇誕の効果時間内に

タイガークローなら約6発

ライガークラッシュも含めれば

ここからタイガークローを3発ほど使わないと

牙神昇誕を使ったターンは無駄だった

という悲しい結果になってしまいますね。

ダメージ増加量がバイキルトと比べて少ないので

いっそ使わないという選択肢を取っている人も多いことでしょう。

ウォークライと組み合わせる

ツメが使えるまもの使いには

ウォークライという自己強化の特技があります。

与えるダメージが1.5倍になる効果で

バイキルトや牙神昇誕の効果もひっくるめて1.5倍になるんですよ

ウォークライの有無でダメージを比べてみた結果。

牙神昇誕のみ
タイガークロー
合計約710のダメージ
ライガークラッシュ
合計約1874のダメージ

牙神昇誕+ウォークライ
タイガークロー
合計約1061のダメージ
ライガークラッシュ
合計約2820のダメージ

タイガークローのダメージが

710から1061に約1.5倍に

ライガークラッシュのダメージが

1874から2820に約1.5倍になっているでしょう。

牙神昇誕はウォークライと組み合わせると相乗効果を発揮します

宝珠とケイオスネイル

ライガークラッシュのチャージ時間は65秒なので

牙神昇誕の効果時間60秒内に2回使うことは不可能です。

しかしとある条件が組み合わされば

牙神昇誕 ⇒ ウォークライ ⇒ ライガークラッシュ

⇒ タイガークロー数発 ⇒ ライガークラッシュ」と

2回目のライガークラッシュまで使えるようになります

その条件とは果てなき牙神昇誕

ケイオスネイルのチャージ時間-10秒です。

果てなき牙神昇誕の効果で

牙神昇誕の効果時間が60秒から75秒になり

(ここまでだとギリギリで間に合わない)

ケイオスネイルのチャージ時間-10秒が加わることで

ちょうど2回目のライガークラッシュが間に合います

冒頭にも書いた通り

牙神昇誕のチャージ時間短縮の調整は

まもの使いやケイオスネイルを意識したように思えますね。

ウォークライ+牙神昇誕のライガークラッシュ

合計で約2800ものダメージになります。

自分で使える災禍の陣との相性も抜群ですね。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。