ピラ7層の僧侶の動き方を思いっきり詳しく説明してみました!

今週の達人クエストはピラ7層がお得です。

4個報酬で黄金のアンク確定です。

今では多くの人がクリアできるピラ7層ですが

昔はとても難しいボスでした。

最近始めた人もいると思うので

久しぶりにピラ7層のクリア方法をご紹介しましょう。

ボスのファラオヘッドは守備力900もあるので

攻撃役は魔法使いや両手剣バトがおススメです。

今回のパーティ構成は「僧侶+両手剣バト3人」で

自分で僧侶を操作しました。

僧侶の動き方

まずは第1セット目

実はここが最大の難関です。

聖なる祈りを使った後は

余計なことをせずにベホマラー&ザオラル待機をします。

この「余計なことはせずに」というのが大事です。

焦ってスクルトやキラポンを使うと

回復が遅れて敵の激しい攻撃に耐えられません

補助特技・呪文を使うのは第2セット目から

5セット目のファラオに備えて

キラポン、スクルト、フバーハをかけておきます。

・キラポン 幻惑や魅了対策
・スクルト ランドインパクト対策
・フバーハ サンドブレス対策

ファラオヘッドが出現したら1回だけおたけびをします。

効く確率は低いので固執してはいけません。

効いたらラッキーです。

必ずランドインパクトを受けない位置でベホマラーを唱えます。

巻き込まれると吹き飛ばされて詠唱が中断されます。

そうすると全滅の可能性があるので注意が必要です。

あとは敵の攻撃を見ながら

ベホマラーをかぶせていけばOKでしょう。

ピラ6層までは何度も緩和修正が入っていますが

ピラ7層以上は難易度が大きく上がるので

手を付けていない人も多そうです。