ロストスナイプの有効な使いどころをまとめてみました!

ロストスナイプは登場時から

いったいどこで使えば良いんだ?」と言われていました。

敵が怒った時は後方に下がって引っ張る場合が多いので

どうにも使いにくかったんですよね。

しかし最近になって有効な使いどころが増えてきています。

今まではロストスナイプに関するネガティブな内容が多かったので

今日は汚名返上のためにも良いところをまとめてみました。

緑風鬼フー

範囲テンションアップを打ち消すのに役立ちます

これがなければ通常攻撃が即死級になるので大活躍ですよ。

ロストスナイプは混戦でのテンション消し

一番役立つ使い道だと感じています。

黄牛鬼タウラダイン

今度は敵のスーパーハイテンションを打ち消します

ロストアタックの完全な上位互換と言って良いでしょう。

特に範囲攻撃を使う敵であれば

テンションは放っておくと全滅する可能性があるので

ロストスナイプの効果は重要になります。

今までは武闘家のゴールドフィンガーや

賢者の零の洗礼しかできなかった役割

レンジャーや占い師も行えるようになりました。

震王ジュノーガ

こちらも敵のスーパーハイテンションを打ち消します

かなりの遠距離攻撃で

溶岩をまたいで攻撃できるのが便利なんですよ。

20mの距離があれば大抵の攻撃は射程外です。

敵がスーパーハイテンションになる特技は

そうそう頻繁には使わないので

ロストスナイプのチャージタイム25秒もあまり気になりません

Sキラーマシン

同じく敵のスーパーハイテンションを打ち消します

グレネーどりを押しながら使えるのがとても便利です。

スーパーハイテンションからのアローレインが凶悪でしたが

どうぐ使いや占い師が弓を装備していれば対処可能になりました。

奏演王ベイオウルフ

発生までの時間が短いので

行動間隔の短い敵へのロストアタックとしても役立ちます。

例えば奏演王ベイオウルフなら

ためるからの攻撃が強くて厄介ですが

ためる後すぐにロストスナイプを打ち込んでやれば

安全に戦えるようになります。

唯一の範囲攻撃

弓特技唯一の範囲攻撃なので

例えば邪神の宮殿でばくだん岩が出現した時などにも役立ちます。

暴虐の悪夢が怒り状態の時は

ちょっと使うのをためらってしまいますけどね。

書き出してみたら結構な量になりました。

今のロストスナイプは登場時のように使えない特技ではありませんね


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。