神速シャンソンは扇のためにある特技でした!

色々な武器で行動回数の変化を調べています。

最も効果があるのは扇の特技でした。

神速シャンソンの再調査

【まんまる堂 過去記事へのリンク】

・2獄で神速シャンソンを使う人が誰もいませんでした

先日の記事のコメントに

神速シャンソンは扇を持つと高い効果が得られるよ」と書いてありました。

たしかに扇の特技はモーションが長いので

神速シャンソンの発動時間短縮の効果を大きく受けそうです

どのくらい行動回数が増えるのか調べてみました。

扇の特技

おうぎのまいで行動回数の変化を調べてみました。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 13回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 19回行動

約1.5倍とはすごいですね

実際体感でもモーションが短縮されているのがよくわかります。

青い光が見えている間にダメージが出ていました。

次はアゲハ乱舞で行動回数の変化を調べてみました。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 13回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 19回行動

こちらもおうぎのまいと同じく行動回数が約1.5倍に。

モーション中の無駄な貯めなくなった感じです。

コメント通り扇の特技は

神速シャンソンの発動時間短縮の効果を大きく受けていましたよ。

とはいえ現状の扇の特技はあまり強くないので

おうぎのまいやアゲハ乱舞を使う機会はほとんどありません

邪神の宮殿で使ってみましたが

二刀流バイキルト状態でのアゲハ乱舞で約400のダメージでした。

あくまで持ち替えて幻惑を入れたり

風斬りの舞でバイキルトの更新をしたりするための武器ですね。

ほかの武器の特技

ついでにほかの武器でも行動回数の変化を調べてみました。

まずは基準として通常攻撃を調べます。

条件を変えて120秒間ひたすら通常攻撃をしてみた結果。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 21回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 24回行動

発動時間短縮は通常攻撃には効果がないので

ピオラ2段階の効果で21回から24回まで増えたことになります

タナトスハントの行動回数の変化を調べてみた結果。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 21回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 24回行動

モーションがほんの少し短くなっているものの

行動回数は通常攻撃とまったく変わらないので

ピオラ2段階以上の効果はないようですね。

もうどくブルースの行動回数の変化を調べてみた結果。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 13回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 19回行動

会心まいしんラップやこんらんのダンスなども同じです。

ピラミッドみたいな雑魚敵がたくさん出現する場面がもしあれば

今後活躍するかもしれません。

デビルンチャームの行動回数の変化を調べてみた結果。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 21回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 24回行動

タナトスハントの場合と同じでした。

キラキラポーンの行動回数の変化を調べてみた結果。

120秒間に使えた回数は以下の通りです。

・神速シャンソンを使わない場合 ⇒ 21回行動
・神速シャンソンを使った場合 ⇒ 24回行動

こちらも同じです。

モーションもほんの少し短くなっており

アーチを描くように放り投げたスティックが

早めに落ちてくるのが面白かったです。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。