テンション轟奪拳の会心率アップはどのくらいの効果なのか調べてみました!

300回ずつデータをとってみました。

会心まいしんラップと比較もしています。

テンション轟奪拳

テンション轟奪拳は盗賊の新特技です。

ダメージと共に敵のテンションを奪う効果がありますが

奪えるテンションは1段階だけなので

どうにも残念な感じが否めないんですよね。

しかし同時に会心と呪文暴走率がアップする効果もあります。

効果時間は45秒でチャージタイムが60秒なので

戦闘時間の4分の3を会心率アップ状態で攻撃できることなります。

実はすごい特技かも!?(゚∀゚)

ということでテンション轟奪拳の会心率アップは

どのくらいの効果なのか調べてみることにしました。

調査時のステータス

調査は会心率約10%で行いました。

・きようさ589 ⇒ 約6%
・武器は攻撃錬金 ⇒ 0%
・短剣スキル ⇒ +4%

会心率アップは同じアイコンでも効果が異なる場合があります。

・ロックオン +10%
・会心まいしんラップ ロックオンよりやや多い
・かわいがる +2%
・チューンナップ +2%

(※公式ガイドブックより)

効果の上書きは上昇率の少ないほうでは行えません。

テンション轟奪拳の会心率アップは

会心まいしんラップで上書きできたので

効果は同じかそれ以下だとわかります。

テンション轟奪拳の上昇率

まずは通常攻撃の調査です。

通常攻撃は会心率がそのまま反映されます。

テンション轟奪拳で会心率がアップした状態で

通常攻撃を何度も繰り返した結果

300回中49回会心が出ました。

確率は約16.3%です。

むむむ?

なんだか上昇率が低いような…?

ちなみに通常攻撃のモーション時間は短いので

今回は調査回数がいつもよりも多めです。

お次は実戦を想定してタナトスハントの調査です。

タナトスハントなどの特技は会心率が半分になって反映されます。

テンション轟奪拳で会心率がアップした状態で

タナトスハントを何度も繰り返した結果

300回中25回会心が出ました。

確率は約8.3%です。

通常攻撃の会心率のちょうど半分くらいで想定通りの結果です。

しかし会心率が約10%上昇ならロックオンと同じですね。

てっきり会心まいしんラップと同じかと思っていたのですが。

調査の精度を高めるために

会心まいしんラップでも同じことを行ってみました。

会心まいしんラップの上昇率

会心まいしんラップで会心率がアップした状態で

通常攻撃を何度も繰り返した結果

300回中84回会心が出ました。

確率は約28.0%です。

会心まいしんラップで会心率がアップした状態で

タナトスハントを何度も繰り返した結果

300回中40回会心が出ました。

確率は約13.3%です。

こ、これは…。

会心まいしんラップのほうが約1.5倍くらい高くなっています。

300回も試したのでそこまで大きな誤差は出ないはず。

もしかしたら本当にロックオンと同じなのかもしれません

一応攻撃が外れても会心率アップの効果は得られるので

戦闘時間の4分の3を会心率アップ状態で攻撃できる利点は変わりませんけどね。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。