DQ10,FF14,PSO2のオンラインゲームプロデューサーが集まる忘年会が行われました!

DQ10,FF14,PSO2は日本の三大オンラインゲームです。

放送を見て興味深かったお話をまとめました。

オンラインゲームプロデューサー忘年会

出演者

齊藤陽介さん(ドラゴンクエストⅩ プロデューサー)※発起人

吉田直樹さん(FINAL FANTASYⅩⅣ プロデューサー 兼 ディレクター)

酒井智史さん(ファンタシースターオンライン2 シリーズプロデューサー)

木村裕也さん(ファンタシースターオンライン2 シリーズディレクター)

日本の三大オンラインゲームのプロデューサーたちが集まった忘年会です。

何かしらの新情報が出るかと思いきや

思いっきりお酒を飲んで自由におしゃべりしようという放送だったので

期待されていたコラボ情報などはまったくありませんでした

オンラインゲーム同士のコラボって

お互いに調整などがたくさん必要で約2~3年はかかるそうです。

レベル上げの概念

堀井雄二さんから言われているレベル上げの概念がよーすぴさんから語られました。

昔のレベル上げのように

同じモンスターをひたすら倒し続ける仕組みは

今の時代に合わないので

メインストーリーの報酬などで自然と上がっていく形

多くの人に受け入れられるだろうと考えているそうです。

たしかにドラクエ10も

昔はピンクモーモンやバザックスを1万匹以上倒しましたが

今はメタキンコインの持ち寄りで楽にあげられるようになっています。

プロデューサーたちの願い

DQ10,FF14,PSO2のプレイヤー同士が

いがみ合っていることに心を痛めているそうです

同じ日本のネトゲだから仲良くしよう

俺たちこんなに仲良いのになんでだろう

敵は他にいるだろう~!」と言っていました。

ドラクエ11について

新しい若手スタッフが活躍する場所だと考えているそうです。

たしかにドラクエ11のプロデューサーやディレクターは若い人たちです。

ネット上の誹謗中傷について

自分たちは1日50回くらいは「しね」と言われていると話していました。

そうやって心が削られていき

例えばたまたま落ち込んだ時に見たりすると

思いっきりへこんだりするそうです

生放送を始めたこと

ドラクエ10もFF14も

ゲーム作成スタッフがニコ生放送をすることが

あまり有名ではない時代に始めています。

最初はスクエニ社員の中ではあまり評判が良くなかったらしいですが

次第に認められるようになっていったと話していました。

PSO2の放送もドラクエ10の初心者大使の影響を受けているそうです。

FF委員会について

スクエニさんにはFF委員会なるものが存在するそうです。

FF14の吉田直樹さん、FF15の田畑端さんなどから構成され

FFシリーズのクオリティを保つための会議が行われているそうです。

結構ぶっちゃけた話がよーすぴさんからありましたよ。

酒井智史さんのつらいお話

びっくりするほどのリアル話が語られました。

結婚したばかりの頃に

PS01を作っていたがとても忙しくて

家に帰るのが夜の2,3時だった。

奥さんが家で一人寂しそうだったので

PSO1で遊んでもらうことにした。

そしたらある時

「ゲーム内で好きな人ができたから会いに行きたい」

と言われたそうです。

(゚Д゚)!??

詳しく聞きたい人はタイムシフトをご覧ください。

ここに書くのが辛いです。

それほどまでにゲームの開発に人生を捧げたんですね…。

ネットの出会いについて

ネットに出会いを求めるわけではないが

外見をとっぱらって内部的な話を直接することが出来て

自分と同じ価値観の人が見つかる場合がたしかにある

なのでそういう意味ではありなんじゃないかと話していました。

結婚報告はとてもうれしいそうです

以上で約1時間40分に及ぶ忘年会が終了しました。

結構とんでもない話まで聞けましたよ。

日本三大オンラインゲームのプロデューサーたちは

こんなにも仲が良いんですね~。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。