幻界の四諸侯でライトニングダガーのすごさを思い知りました

24

幻界の四諸侯の持ち寄り募集に乗ったら

なんと「踊り子3人旅芸人」という構成で行くことになりました。

悪霊強でも使われる超攻撃的な構成ですね。

タナトスハントのダメージ差

20

まずは僕のタナトスハントのダメージをご覧ください。

グラコスに828+455のダメージ

21

次は一緒にパーティを組んだ人のタナトスハントのダメージです。

1484+608のダメージ

この差は何なんでしょう(;゚д゚)

すぐに気づいた人はきっと上級短剣使いですよ。

22

答えはライトニングダガーでした。

昔の武器ですが短剣の攻撃力はそこまで変わりません。

雷特技+10%ベルトで強化すれば

最新武器よりもずっと高いダメージが出せちゃうんですね。

おまけにデュランとグラコスが雷弱点なので

幻界の四諸侯とライトニングダガーの相性は抜群です。

ビーナスステップ

23

今回パーティを組んだ人は

デュランが動き出す前にビーナスステップを使っていました。

回復のララバイに合わせて1回だけです。

24

うまく雷耐性が低下すれば

タナトスハントでデュランにも

約1500+600のダメージを与えられます。

となりで同じ特技を使って

約700+400のダメージを与えているのが僕です。

ここまで差があると

なんともいたたまれない気分になってきましたよ。

25

討伐タイムは1分30秒~2分でした。

ビーナスステップや災禍の陣が決まれば約1分30秒。

そうでなければ約2分です。

早すぎでしょう。

26

パーティ解散後に

僕もライトニングダガーを購入しました。

短剣で戦うボスで

雷耐性があるのはバズズくらいなので

1本持っていて損はなさそうです。

27
良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。