おすもっこりの嘘情報への対処法とツイッターの特殊な機能

モンスターシールの出現数は

おすもっこりだけが極端に少ないです。

コンプまであとこれだけ!と

情報を追い求めている人が多いんですが

なんと今日はツイッターに嘘の出現情報を流す人が現れました

しかも朝から晩まで1日中ですよ。

おまけに僕のキャラ情報まで使い始めました

…(#^ω^)

ゆ”る”さ”ん”!

騙される人なんていないでしょうけども

ツイッターにはいろいろ特殊な機能があるので

こういう嫌がらせアカウントの対処法をご紹介したいと思います。

嘘情報への対処法

ツイッターにはクオリティフィルターという機能があります。

これの設定をオンしておくと

人を不快にさせる発言や品質の低い発言が

自動で表示されなくなります

簡単に言うと浄化機能です。

品質の低い発言とは罵詈雑言や嫌がらせ

疑わしいアカウントからの発言などです。

嘘の出現情報を流す人のアカウントは

多くの人にブロックされているはずなので

クオリティフィルターを設定しておくことで

ある程度は自動的に表示されなくなると思います。

クオリティフィルターを設定しても表示される場合は

ツイッターのブロックやミュートを使う手もあります。

強制的に表示させない機能です。

ツイッターは元々つぶやきの意味で

「おなかすいたー」

「今日はおいしいご飯を食べたよ!」

みたいな軽い発言ツールとして作られたそうなので

自分のタイムラインをどう作っても自由でしょう。

なので相手に対して失礼かも…と

それほど深く気にする必要はないと思います

ちなみにツイッター社は今年の2月くらいに

罵倒や嫌がらせをする人への対策を強化しています

具体的にはこんな感じです。

・アカウント永久停止者の新アカウント作成阻止
・クオリティフィルターの強化
・嫌がらせであろう発言を見るにはワンステップ必要に

ここで重要なのは1つ目です。

アカウント永久停止者の新アカウント作成阻止

ツイッターは1人で複数のアカウントを作成可能で

ふつうは見分けることができませんが

ツイッター社には何らかの方法で見分けることができるようです。

1人でいくつも嫌がらせ用アカウントを作っても

芋づる式で凍結されることもあるとか

僕も実際にそんな感じの現象を見かけたことがあります。

ということは

おすもっこりの嘘情報を発言しているアカウントも

もうしばらくすれば全部凍結されるかもしれません

もしかしたらメインアカウントまで凍結されたりして。

あとは話題に出さないことも大切でしょう。

嫌がらせは相手の反応を楽しむためにするものなので

何の反応もなければいずれは飽きてやめるものです

あれはガセだ~!と騒ぐとかえって喜ばせてしまうので

何も言わず上記の対策をするのが良いでしょう。

【まんまる堂 過去記事へのリンク】
・まるすけの偽物に会ってきました!

こんな記事を書く僕が言えたことではありませんけどね。

(*´・ω・`*)

ま、まあ絶対ダメ!とかではなく

嫌がらせをする人の心理としてはこんな感じかなという話です。

考えてみればモンスターシールの嘘情報が出始めたのは

僕が知っている中では今日が初めてだと思います

野生のヒューザやセラフィでは山ほどいたんですが。

個人的には嘘情報に惑わされて探しに行くのもまた一興です。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。