夫婦そろってゲーム廃人な家庭の事情

昨日の夜にテレ東で

ネットゲームのやり過ぎが原因で

離婚した人の特集が放送されました。

そのネットゲームとは驚きのドラクエ10。

サービス開始当初に夢中になり過ぎたために

奥さんが子供を連れて家を出て行ってしまった

みたいな内容でした。

これがなかなか衝撃的でしたよ。

何を隠そう僕にもリアルでは妻と小さい娘がいるので

娘がいなくなった時の悲しみは想像に難くありません。

どうしても何かを書きたくなったので

自分の家庭の事情を詳しく書いてみようと思います。

みなさんと比べてどうでしょう。

夫婦でゲーム廃人

僕の家も今は夫婦でそれぞれプレイしていますが

サービス開始当初はアカウントが1つだけでした。

Wiiもテレビも1台でしたからね。

その後パソコン版ドラクエ10が発売。

僕がパソコン版に移行したのをきっかけに

妻は残ったWiiでドラクエ10を始めました。

そんなこんなで

今では夫婦そろって立派なゲーム廃人です。

夫婦ケンカはよくあるけれど

まあそれなりの暮らしは出来ているのかなと思います。

ドラクエ10を始めた頃

僕は根っからのゲーム廃人

ドラクエ10のサービス開始当初もプレイしまくりでした。

発売日の8月2日はたしか週末で

有休をとって4連休にしたんですよ。

我ながらなかなかのやつですね。

妻はゲームをしない人だったので隣で見ているだけ

当時は娘もまだ1,2歳で言葉も話せません

僕もテレビに出演された方と

同じような状況だったのかなと話してみたら

あなたは自分の趣味について

ベラベラとしゃべりまくる人なので

少なくとも家族が置き去りになることはなかった」と

当時を振り返って妻が話していました。

よ、よかった。

会話って大事なんですね

続けて「ゲームはお金のかからない趣味なので

家庭的にはとても助かっている」とも話していました。

言われてみれば確かにそうですね。

ゲームなんて買っても月2本で1万円。

ほかと比べちゃ切りがないけど

世間一般的な趣味の中では

圧倒的にお金のかからない部類でしょう

そう考えると

ゲーム自体が離婚の直接的な原因になったりはしないような

会話がなくなったり家庭のお金を使いすぎたりすれば

ゲームだろうが何だろうが一緒かもしれません

子供のこと

今は夫婦でゲーム廃人なので

子供もゲーム廃人?と思うかもしれませんが

実はそこまで積極的にさせてはいません。

やっぱり親の素直な気持ちとしては

勉強やピアノ、絵を描いたりなど

将来の役に立ちそうなことに取り組んでくれた方がうれしいものです

毎日やるべきことをやった上で

空いた時間に娯楽としてゲームで遊ぶのなら

好きなようにすれば良いと思っています。

ちなみに今は学校に通っています。

ドラクエ10をやりたいと言うのでさせてみたら

手当たり次第に無言でパーティ申請を送っていました

なんという典型的なキッズでしょう。

あわててやめさせて緑チャットで謝罪しましたよ。

それから子供と約束しました。

ネットゲームはローマ字を覚えてから

顔の見えない世界なので

子供だからが通用しませんもんね

夫婦円満の秘訣

まあ円満というほどでもないけど

僕の家庭で取り組んでいることを1つご紹介しましょう。

毎週日曜日の決まった時間に

1時間ほど夫婦会議を行うのです

これからの生活の目標や方針について

互いに見ていない場所で起きた子供のこと

それから日々の不満点など

不満って貯めちゃうといつか爆発するんですが

週1でもきちんと話せる場を設けておくと

理由を聞いたり考えを話したりするだけでも

なんとかなったりするんですよ。

と、ここまで書いて自分で1つ思いました。

いたって普通の取り組みじゃないか

ゲームだろうが何だろうが大事なことは同じでしょう

夫婦は恋人の頃とは違って

互いに見つめ合うものではなく

同じ方向を見て歩むものです。

(※どっかで見た言葉)

まずはたくさん会話をして

共通の認識を持つことが大事なんですね。


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。