効果時間が伸びる行雲流水を想定して特技を使ってみました!

3.5中期では行雲流水の効果時間が40秒になります

現在の行雲流水
武闘家の160以降のスキル。
スーパーハイテンションを維持すると効果的。
効果時間は20秒。

はたして武闘家にとって

どのくらいの強化になるのでしょうか。

40秒続いた場合を想定して特技を使ってみました

40秒で使える特技

特技の使用例

0秒スーパーハイテンション
7秒行雲流水
12秒ライガークラッシュ
17秒サイクロンアッパー
22秒武器持ち替え
27秒奥儀棍閃殺
(スーパーハイテンションの効果が切れる)
34秒断空なぎはらい
38秒氷結らんげき
42秒氷結らんげき
(強化後の行雲流水の効果が切れる)

40秒間に行動できる回数は

モーションの短い特技で約8回

モーションの長い特技を合わせると約6~7回でした。

スーパーハイテンション状態なら

タイガークローでさえも1発目がかなりの威力になるので

武器の持ち替えをせずに攻撃し続けても強いでしょう。

ところがここで重大な欠点が発覚しました。

スーパーハイテンションの効果時間

スーパーハイテンションの効果時間は30秒です。

対して強化される行雲流水の効果時間は40秒

これらは別々に効果時間を消費するので

スーパーハイテンション後に行雲流水を使っても

結局20秒ちょっとでテンションが切れちゃうんですよ

どういうことなの…。

行雲流水の効果時間が伸びた意味がほとんどありません。

行雲流水を使ったら

スーパーハイテンションの効果時間が減らなくなる

とかだったら話は変わるんですけどね。

行雲流水の使い方

「行雲流水 ⇒ ためる弐」の順番で使えば

スーパーハイテンションの30秒間をフルに使えます

40秒に伸びた意味がないのは少し悲しいけど

今までより強化されたことには間違いありません

テンション3段階ならかなりの長時間続きます

いっそスーパーハイテンションにしないのも手でしょうか。

これなら準備時間が

ためる参から行雲流水の2ターンで済み

効果時間も40秒いっぱい使えます

スーパーハイテンションのダメージ軽減や

状態異常無効化がが使えないのは少し心残りですけどもね


良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。